明石海峡大橋と大鳴戸橋を渡って四国へ

2007年7月28日 撮影
明石海峡大橋
鳴門の渦潮を見るため、満ち潮の時刻に合わせ、三ノ宮駅から鳴門公園へ向かった。

途中、明石海峡大橋大鳴門橋という2つの巨大な吊り橋を通る。
明石海峡大橋は、全長3,911m、中央支間1,991m で世界最長の吊り橋だ。その主塔の高さは海面上 298.3m で、国内では東京タワー(333.0m)に次ぐ高さである。バスの車窓から見ていると、主塔が覆い被さるように迫ってくる。1986 年(昭和 61 年)4 月 26 日に着工し、総工費5,000 億円をかけ、1998 年(平成 10 年)4 月 5 日に供用開始した。
明石海峡大橋関連
大鳴門橋
他方の大鳴門橋は、全長1,629m、中央支間876m、主塔の高さは 144.3m だ。1976 年(昭和 51 年)7 月 2 日に着工し、総工費1,000 億円をかけ、1985 年(昭和 60 年)6 月 8 日に供用開始した。橋は上下 2 層式となっており、世界初の道路・鉄道併用の本格的な吊り橋となっている。下層は新幹線を通すことが出来る構造なのだが、後に完成する明石海峡大橋が道路単独橋になってしまったため、神戸からの鉄道が大鳴門橋に通じる可能性はなくなってしまった。
大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 623 Kbyte)
2009 年(平成 21 年)3 月 20 日、高速道路料金値下げに先行して、明石海峡大橋・大鳴戸橋を渡る神戸淡路鳴門自動車道は、土日・祝日に限り、ETC で支払う通行料が 1,000 円になった。2011 年(平成 23 年)3 月末までの期間限定。それまでは ETC車で 4,110~5,150 円(深夜割引で最低 2,175 円)、現金車で 4,350~5,450 円だった。
この効果で、20 日午後 4 時までの通行量は約 3 万 2 千台となり、前週土日の 2.2 倍に跳ね上がり、淡路サービスエリアは満車となった。

交通アクセス

三ノ宮バスターミナル→鳴門公園:距離 122.9km

JR 三ノ宮駅からは、駅前にある神姫バスのバスターミナルから発車する高速バス「ハーバーライナー」を利用すれば、神戸淡路鳴門自動車道を通って、約 1 時間20 分で到着する。 高速バス

周辺地図

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header