稚内港北防波堤ドームは古代ギリシア時代の神殿のよう

2017年2月20日 撮影
稚内港北防波堤ドーム
稚内港北防波堤ドーム(北海道稚内市開運1−2−2)は、強風と荒波を防ぐ全長427 メートルの防波堤で、1931 年(昭和 6 年)から 5 年をかけて建設された。
稚内港北防波堤ドームの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1287 Kbyte)
稚内港北防波堤ドーム
世界でも珍しい半アーチ形ドーム構造になっており、海上からの高さは 14 メートル。
稚内港北防波堤ドームの大きな写真大きな写真
(2560×1145 ピクセル, 697 Kbyte)
稚内港北防波堤ドーム
古代ギリシア建築を彷彿とさせる 70 本の円柱が 6 メートル間隔で並ぶ重厚なデザインになっている。
稚内港北防波堤ドームの大きな写真大きな写真
(2560×1408 ピクセル, 857 Kbyte)
1923 年(大正 12 年)5 月、当時、日本の領土だった南樺太の大泊への連絡航路が開設された。1928 年(昭和 3 年)12 月、稚内駅から桟橋まで線路が延び、1938 年(昭和 13 年)10 月、稚内桟橋駅が開業した。しかし、桟橋では高波による事故が相次いだ。
そこで、北海道帝国大学を卒業し北海道庁の技師になった土谷実(26 歳)が、こうした事故を防ぐためにドームを設計、建設が決まった。
しかし終戦にともない 1945 年(昭和 20 年)8 月 24 日、南樺太への連絡航路は廃止。同時に稚内桟橋駅も廃止となった。

老朽化のため、1978 年(昭和 53 年)から 3 年をかけて全面改修。2001 年(平成 13 年)には北海道遺産に指定された。
ドーム手前の護岸には、長さ 215 メートルに及ぶの遊歩道「しおさいプロムナード」が整備されており、潮風を浴びて海を眺めながらゆっくりと散策することができる。

交通アクセス

【鉄道】
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:稚内港北防波堤ドーム

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header