世界平和大観音像は巨大廃墟

2018年9月8日 撮影
世界平和大観音像
平和観音寺 (へいわかんのんじ) (兵庫県淡路市釜口 2006-1)は、1982 年(昭和 57 年)、不動産事業で財をなしたオクウチグループの創業者、奥内豊吉氏が出身地の淡路島に私財を投じて建立した。建造当時は世界最大の像だった、高さ 100 メートルの世界平和大観音像がランドマークとなっている。

宗教法人の認証は得ておらず、絵画や車など、奥内氏の個人コレクションを展示する博物館となっていたが、2006 年(平成 18 年)2 月 26 日に閉館し、現在は廃墟となっている。
世界平和大観音像の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1624 Kbyte)
平和観音寺
奥内氏は 1988 年(昭和 63 年)に死去し、施設を相続した妻も 2006 年(平成 18 年)に死去。遺族が相続を拒否したために閉鎖となった。リーマン・ブラザーズ系の金融機関が債権を一時保有し、神戸地裁で競売にかけたら入札参加者がなかった。リーマンショックのあおりで、債権は別会社に移ったものの、その会社は維持管理者ではなく、修繕の法的義務がないという。
奥内氏の遺族は道義的な責任を感じ、淡路市に相当な額のふるさと納税をしており、それが観音像関連の経費に活用されているという。
平和観音寺の大きな写真大きな写真
(1242×1920 ピクセル, 768 Kbyte)
2011 年(平成 23 年)9 月、淡路市は安全対策として初めて内部調査を実施し、倒壊の危険性はないと判断し、観音像の入り口を封鎖した上で、傷みの激しい十重の塔にネットを張るなど応急処置をとった。
観音像は、1995 年(平成 7 年)1 月の阪神淡路大震災、2013 年(平成 25 年)4 月の淡路島地震でも倒壊は免れたが、老朽化は進んでおり、2018 年(平成 30 年)8 月の台風11 号のあと、腰付近の外壁約 2 メートル四方が崩落しているのが見つかった。写真をご覧いただきたい。
相続財産管理人によると、観音像本体の固定資産評価額だけで 6 億円だという。淡路市は、債権者がいる以上は手を出せないというスタンスだ。

観音像の近くに住む住民は、「極めて危険だ。今後、コンクリート片が国道や近くの民家に落ちることがあればどうするのか。早く解体、撤去してほしい」と訴えている。

解体へ

2020 年(令和 2 年)4 月 1 日、財務省近畿財務局は、世界平和大観音像を周辺施設と共に、2022 年度中に解体撤去すると発表した。相続人がいないことから、3 月 30 日付で、1 万 9 千 m2の土地を含めて国の所有物となっていた。
2021 年(令和 3 年)6 月 14 日、解体工事が始まった。9 月には本体の解体作業に着手する。2023 年(令和 5 年)1 月に更地に戻す計画だ。解体費用は 8 億 8000 万円で、国の税金で賄われるという。

交通アクセス

【自動車】
  • 淡路インターチェンジから南へ約 11km。約 15 分。

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header