諏訪大社は4つの社からなる

2020年3月12日 撮影
神楽殿 - 下社秋宮 - 諏訪大社
神楽殿 - 下社秋宮
諏訪大社は、全国に約25,000ある諏訪神社の総本社で、古事記の中にも登場する。その起源は1500~2000年(平成12年)前とされるが、日本最古の神社の1つであることは間違いない。
神楽殿 - 下社秋宮 - 諏訪大社の大きな写真大きな写真
(2560×1709ピクセル, 2972 Kbyte)
幣拝殿 - 下社秋宮 - 諏訪大社
幣拝殿 - 下社秋宮
諏訪湖を中心に、個性豊かな4つの社――上社本宮 (かみしゃほんみや) 、上社前宮 (まえみや) 下社秋宮 (しもしゃあきみや) 、下社春宮 (はるみや) ――がある。
写真の神楽殿は1835年(天保5年)の造営、幣拝殿は1781年(安永10年)の落成で、いずれも重要文化財。
幣拝殿 - 下社秋宮 - 諏訪大社の大きな写真大きな写真
(2560×1705ピクセル, 2920 Kbyte)
御柱 - 下社秋宮 - 諏訪大社
御柱 - 下社秋宮
諏訪大社は、7年(満6年)に一度行われる式年造営御柱大祭で有名だ。日本三大奇祭の1つに数えられる。
山中から御柱として (もみ) の大木を16本(上社本宮・前宮、下社秋宮・春宮各4本)を切り出し、4社まで曳行し、各々の社殿の四方に建てて神木とする。
どの柱も長さ18メートル、周囲3メートル、10トン以上の重量がある。
御柱 - 下社秋宮 - 諏訪大社の大きな写真大きな写真
(1280×1920ピクセル, 1764 Kbyte)
御柱 - 下社秋宮 - 諏訪大社
御柱 - 下社秋宮
山出しの2日目、最終日には、氏子を乗せたまま、御柱を上社では傾斜約30度、距離80メートル、下社では斜度35度、距離100メートルの木落し坂から落とす木落しが行われる。祭りの中でもっとも危険なイベントで、過去に何人もの死傷者を出している。

木落しが終わると、樹皮が剥がされ、里曳きが行われる。
各社に到着した4本の御柱は、各宮の四方に柱を立てる建御柱が行われる。建御柱は一般観覧ができる。
下社秋宮 - 諏訪大社
下社秋宮
下社秋宮の鳥居。ここを御柱が通過する。
御神湯 - 下社秋宮 - 諏訪大社
御神湯 - 下社秋宮
下社秋宮の鳥居をくぐり、右手の駐車場に行く道の近くに、龍の口から御神湯が出ている。ずっと手をつけているわけにはいかないほどの高温の湯だ。塩化物泉で、龍に白い析出物が付着している。

乗鞍岳には龍神が住んでいるという伝説がある。龍の頭は権現池、胴体は乗鞍高原の御池、心臓は御池の真ん中にある祠、尾は諏訪湖までつながっている。
秋宮斎館 - 諏訪大社
秋宮斎館
斎館は、神職が神事にあたり心身を清めたり、直会を開いたりする建物である。
秋宮斎館 - 諏訪大社の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 1616 Kbyte)
本殿 - 上社前宮 - 諏訪大社
本殿 - 上社前宮
上社前宮は、その名の通り上社の中で一番古い社で、諏訪の祭祀の発祥地とされる。
本殿 - 上社前宮 - 諏訪大社の大きな写真大きな写真
(2560×1644ピクセル, 2429 Kbyte)
上社前宮 - 諏訪大社
上社前宮
守矢 (もりや) 氏の本拠地で、諏訪の神官の中で唯一狩猟を許されていた。シカやイノシシを生贄として神に捧げるための大切な神事で、狩猟で得られた肉は、古代の人々にとっての食料としても重宝されていた。
上社前宮 - 諏訪大社
上社前宮


下社秋宮の交通アクセス

【鉄道】
  • JR中央本線「下諏訪駅」下車、徒歩約10分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:諏訪大社下社秋宮
諏訪大社 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header