関西電力黒部専用鉄道 BB73は蓄電池式機関車

高熱隧道を通る
関西電力黒部専用鉄道 BB73
2017年9月21日 欅平駅 写真:こぱふぅ
関西電力黒部専用鉄道は、黒部川水系にある水力発電施設を管理するため、黒部峡谷鉄道本線から分岐する関西電力の専用鉄道である。黒部峡谷鉄道「欅平駅」から黒部川第四発電所前まで6.5kmにわたって伸びており、上部軌道とも呼ばれる。一般に公開されておらず、関西電力主催の見学会に申し込み当選すれば乗ることができる。
関西電力黒部専用鉄道 BB73の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 850 Kbyte)
関西電力黒部専用鉄道 BB73
2017年9月21日 写真:こぱふぅ
高熱隧道を通るためにディーゼル機関車だと燃料に引火する恐れがあり、硫黄による腐食で架線もできない。そこで、トモエ電機の蓄電池式の機関車が導入された。客車は耐熱構造になっており、窓を開けることはできない。
詳しい仕様は公開されていない。
関西電力黒部専用鉄道 BB73の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 931 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header