新幹線 200系は 0系に耐寒耐雪対策を加えた

1982年6月の東北・上越新幹線開業時にデビュー
東北・上越新幹線 200系
2005年12月15日 東京駅 写真:パパぱふぅ
新幹線200 系電車は、1982 年(昭和 57 年)6 月の東北・上越新幹線の開業時にデビューした。東海道・山陽新幹線で走行していた0 系をベースとしており、加えて様々な耐寒耐雪対策が備えられている。

この車両はリフレッシュしていない初期型なので、さすがに内装や窓ガラスの痛みは目立つが、東海道・山陽新幹線に比べると、はるかに乗り心地がよい。最高速度は 240km/h。
東北・上越新幹線200系
2000年12月10日 東京駅 写真:@papa
当時最新型の制御装置搭載、スムーズな加減速を実現し、テーブルの上に立てたタバコが倒れないと言われるほどの乗り心地であった。
東北・上越新幹線200系
2000年12月10日 東京駅 写真:@papa
200 系は、東北・上越新幹線「やまびこ」「あさひ」「なすの」「たにがわ」として運行されている。
当初は最高速度 210km/h で運行していたが、上野開業後は 240km/h にスピードアップしている。
東北・上越新幹線200系
2000年12月10日 東京駅 写真:@papa
2011 年(平成 23 年)11 月 18 日、東北新幹線の通常ダイヤから姿を消した。
2012 年(平成 24 年)6 月 23 日、東北新幹線30 周年イベントの記念臨時列車「やまびこ 235 号」として、大宮~盛岡間で運行枯れた。
東北・上越新幹線200系
2000年12月10日 東京駅 写真:@papa
テールライトは、丸い目と長細い目の 2種類がある。
東北・上越新幹線200系
2000年12月10日 東京駅 写真:@papa
200系 関連
(この項おわり)
header