フルサイズのデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」は高速AF

2012年12月 購入
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」
キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」ボディを購入した。レンズは、TAMRON の「SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD」「SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」の 2 本を購入した。

PENTAX の一眼レフカメラ「MX」を購入してから 30 年以上、ついにキヤノンが我が家にやって来た。
関連商品icon
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」
デジタル一眼レフカメラを買うときは、35 ミリ・フルサイズの撮像素子のものにしようと決めていた。10 年以上前、仕事でデジカメの性能を比較していたとき、画素数では無く撮像素子の大きさの違いが画質を大きく左右することに気づいたからだ。

考えてみれば当たり前の話で、撮像素子が大きいということは、情報を受け取る面積が大きいわけだから、入ってくる情報量が多いということ。
このことは銀塩時代から変わらない真実――当時は、110 (わんてん) (画面サイズ 13×17mm)より 35 ミリ(24×35mm)、35 ミリよりブローニー(6×6 判で 56×56mm)の方が解像感が高かった。
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」
とはいうものの、35 ミリ・フルサイズのデジタル一眼レフカメラはコンパクトデジカメに比べたら非常に大きい。最軽量を誇る EOS 6D でさえ、ボディだけでもままぱふぅ愛用のLUMIX DMC-FZ7の 2 倍を優に超える。望遠ズームを付けたら、4 倍近い重量差である。しかも、コンパクトデジカメほどのズーム倍率を実現できない。

撮影の手軽さや機動力、望遠ズームなどの点ではコンパクトデジカメに歩がある。デジタル一眼レフカメラ(とくにフルサイズ機)は、本気で撮影しようという時に使うカメラである。

作例1

EOS 6Dで撮影】

EOS 6Dの作例

LUMIX DMC-FZ7で撮影】

DMC-FZ7の作例
上の写真は EOS 6D + SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD で撮影したもの。下の写真は、同じ対象物をLUMIX DMC-FZ7で撮影したもの。DMC-FZ7 は一見すると綺麗に見えるが、目で見た映像と違う。ウソっぽい写真なのである。
EOS 6D は JPEG画像だけでなく RAW画像も同時撮影できるのだが、この写真は JPEG に手を加えていない。それでも、これだけの差が出る。

DMC-FZ7 もレンズは悪くはないのだが、撮像素子が 1/2.5 インチと、面積比では EOS 6D の 8 分の 1 しかない。このため、偽色やジャギーが発生するという問題を抱えていた。
ところが EOS 6D の場合、JPEG画像を拡大しても偽色やジャギーが見られない。わざわざ RAW現像するまでもないほどの画質である。

作例2

交換レンズ「SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD」
こちらもレンズは SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD を使用して撮影したもの。
流し撮りもバッチリだ。
質感も損なわずに撮影できる。

作例3

交換レンズ「EF40mm f2.8 STM」
レンズは EF40mm f2.8 STM を使用。
40mm F2.8 はボケ味を楽しむレンズではないが、最短撮影距離が 30 センチという特徴を活かし、こんな写真を撮ることができる。
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」
じつは店頭で実機を見るまで気づかなかったのだが、EOS 6D のファインダーは光学ファインダーである。まるで MX を覗いているようで、「写真を撮るんだ」という気になった。それに比べると、電子ビューの画像はウソっぽい
今までデジタル写真に誤魔化されていたという印象を受けてしまった。

AF のスピードは最速をうたうだけあって、新幹線相手でも合焦する。暗いところでも AF に任せておける。
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」
GPS を内蔵している点もありがたい。付属ソフト「Map Utility」を使うことで、Google マップ上にサムネイルを表示し、いつ、どこで撮影したかがすぐ分かる。バッテリーの消費が問題だが、GPS ロガー機能も備えている。

WiFi 機能も内蔵している。撮影データを転送できるのはもちろん、PC やスマホ、タブレットを使ってカメラをコントロールできるのが面白い。軽量化のために液晶モニタが可動式になっていないが、スマホを使ってモニタリングしながら遠隔コントロールできる。
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」
機能が豊富すぎるが、通常撮影ではピントは AF に任せて、ダイヤルを A+にしておけば間違いない。

ISO 感度は 12,800 まで――銀塩時代、天体写真を撮影していたので増感はお手の物だが、それでも 1,600 が限界だった。12,800 という数字はカタログスペックに過ぎないだろうと高をくくっていたが、9,600 に上げても目視で 100 との違いが分からない。
おかげで、軽量化のために内蔵フラッシュを備えていない欠点を補ってくれる。
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」
鉄道写真を撮るためにシャッター速度優先にした時も、右上部の液晶に ISO 感度、絞り、シャッター速度と並んで、露出インジケーターが表示されるので、これが真ん中に合うように絞りを調整すれば良い。これらの情報は光学ファインダーにも表示される。
逆光など露出補正が難しいときには、HDR 機能を利用して、露出を±1 にした写真を 3 枚連写し、自動合成してくれる。これは便利だ。
本体には簡易的な現像機能も搭載しているが、パノラマ写真機能は内蔵していない。付属ソフトを使ってパノラマ合成できる。

付属ソフトは充実している。
前述の「Map Utility」に加え、写真の管理や現像、合成などの処理ができる。Mac 対応版も同梱されている。

記録メディアは SD/SDHC/SDXC である。64G バイトの SDXC カードを同時購入したが、ノート PC「Let's note CF-Y7D」で読み込めなかったのは悲しい。外付けの SD カードリーダーを購入した。

マップ・ユーティリティ

EOSのマップ・ユーティリティ
CD-ROM に収められている「マップ・ユーティリティ」を使って撮影した画像を選択すると、撮影場所が Google マップ上にプロットされる。アイコンをクリックすれば、その場所で撮影した画像が開く。

画像に記録された GPS 情報を元にマップ上に展開される仕組みだ。
緯度・経度・標高の情報を見ることもできる。

Digital Photo Professional

EOSのDigitalPhotoProfessional
CD-ROM に収められている「Digital Photo Professional」は、RAW画像の閲覧・編集・現像を行うためのアプリケーションソフトウェアだ。
明るさやコントラストを自動的に補正できるほか、画像のノイズを緩和したり、レンズの収差を補正する機能も備えている。
また、複数の画像を合成したり、露出の異なる画像を合成するハイダイナミックレンジ(HDR)機能も備えている。
編集・現像したデータを JPEG に変換することもできる。

EOS 6D は、RAW では 14 ビット階調のデータを持っているので、うまく 8bit の JPEG に変換してやることで、白トビや黒ツブレを抑えることができる。

主なスペック

項目 仕様 コメント
撮像素子 約35.8×23.9mm CMOS
有効画素数 約2020万
レンズマウント キヤノンEFマウント 白いレンズは本体の10倍以上の値段だ!!
シャッター速度 1/4000~30秒,バルブ 天体写真もOK
モニター 3.0型,約104万ドット 可動式ではないが、スマホで代用可能
光学ファインダー 視野率 約97% 100%でないところが惜しい
露出制御 プログラムAE(シーンインテリジェントオート、クリエイティブオート、スペシャルシーン(ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ、夜景ポートレート、手持ち夜景、HDR 逆光補正)、プログラム)、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出、バルブ できないことはないという感じ
撮影機能 HDR機能,多重露光 HDR機能は露出補正にも使える。
静止画記録 最大解像度 5472×3648 ピクセル
記録方式 JPEG, RAW, JPEG+RAW
JPEGでも十分な画質
動画記録 最大 1920×1080, 30p
記録方式 MPEG-4 AVC/H.264
音声 リニアPCM(モノラル)
音声はモノラルなので外部マイクを使うべし
記録メディア SD/SDHC/SDXCカード
UHS-I対応,Eye-Fiカード対応
インターフェース USB 2.0端子,AV端子,HDMI端子,外部マイク
WiFi IEEE802.11 b/g/n データ転送だけでなく、PCやスマホによる遠隔操作が可能
内蔵GPS ロガー対応
本体サイズ (W)144.5×(H)110.5×(D)71.2mm
本体重量 約755g(バッテリ、メモリを含む) クラス最軽量だが、コンデジに比べたら重たい。

EOS 6D MarkII

5 年後の 2017 年(平成 29 年)7 月、後継機の EOS 6D MarkII が発売された。

35mm フルサイズセンサー、光学ファインダーはそのままに、世界最軽量ボディーをうたっている。
イメージセンサーの画素数は約 2020 万画素から約 2620 万画素に増え、デュアルピクセル CMOS センサーによってライブビュー時の AF が速くなった。また、画像処理エンジンは、最新の「DIGIC 7」になった。背面のモニターは、バリアングル&タッチパネル式になった。

参考サイト

参考書籍

表紙 Canon EOS 6Dオーナーズガイド
著者 ハンドメイド
出版社 秀和システム
サイズ 単行本
発売日 2013年03月
価格 1,598円(税込)
rakuten
ISBN 9784798037196
プロ機には負けない、フルサイズ撮影の隠された極意を大公開。新機能+全機能6Dを120%使いこなすための操作完全解説。豊富なレンズ群の中でこれだけは持っておきたいEFレンズガイド。最新のデジタル動画撮影&編集を徹撤解説。撮影したデジタルデータの管理・編集・印刷・ネット活用術。
 
表紙 キヤノンEOS 6D スーパーブック
著者
出版社 学研パブリッシング
サイズ ムックその他
発売日 2012年12月
価格 1,728円(税込)
rakuten
ISBN 9784056068788
 
表紙 Canon EOS 6D 完全マスターガイド
著者
出版社 朝日新聞出版
サイズ ムックその他
発売日 2012年12月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784022724304
 
(この項おわり)
header