鳥取砂丘 砂の美術館は砂像を専門展示

2012年12月14日 撮影
鳥取砂丘 砂の美術館
鳥取砂丘 砂の美術館(鳥取県鳥取市福部町湯山 2083-17)は、砂による彫刻芸術作品「砂像 (さぞう) 」を専門に展示する、世界初にして唯一の屋内美術館だ。
2006 年(平成 18 年)にオープンし、毎年テーマを変え、世界トップクラスの砂像彫刻家による繊細で存在感のある作品を展示している。

第5 期展示(2012 年 4 月 14 日~2013 年(平成 25 年)1 月 6 日)のテーマは、「砂で世界旅行・イギリス~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り~」。
鳥取砂丘 砂の美術館
左の作品は「エリザベス1世と絶対王政」。
エリザベス 1 世が統治するイギリスの海軍は弱小だったが、海賊あがりの提督フランシス・ドレークらの活躍により、1588 年(天正 16 年)、世界最強とされていたスペインの無敵艦隊アルマダを打ち破り(アルマダ戦争)、海上国家への発展の足掛かりとした。
【砂像彫刻者】イリヤ・フィリモンツェフ(ロシア)
鳥取砂丘 砂の美術館の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 1536 Kbyte)
鳥取砂丘 砂の美術館
左の作品は「街のにぎわい(酒場の様子)」。
大航海時代、港の酒場は船乗り達で賑わっていた。様々な人が出入りし、酒場は生活と切り離せない存在となっていた。
英国と言えばパブが有名だが、酒場・宿・食堂、それぞれが機能を重複させる形で発展していったと言われている。
【砂像彫刻者】ダニエル・ベルチャー(アメリカ)
鳥取砂丘 砂の美術館
左の作品は「ウィンザー城」。
4 万5千 m2の床面積を持ち、現存する城で、人が住む城としては最大規模のウィンザー城。エリザベス 2 世が公式行事のない週末にはここでゆっくりと時を過ごす。
1992 年(平成 4 年)には火事が発生したが、バッキンガム宮殿など、いくつかの王宮を一般公開し、その収益を修復に充てている。
【砂像彫刻者】リチャード・ヴァラノ(アメリカ)
鳥取砂丘 砂の美術館
左の作品は「イギリスの文学 -シェイクスピア-」
「ロミオとジュリエット」「ハムレット」「真夏の夜の夢」などの作品により、最も優れた英文学の作家といわれ、世界文学史にその名を残すシェイクスピア。エリザベス1世の時代、シェイクスピアの戯曲が数多く初演されたグローブ座。現在ではシェイクスピア・グローブ座として復元され、多くのファンを魅了している。
【砂像彫刻者】ボードリック・バックル(イギリス)

交通アクセス

【バス】
  • JR鳥取駅より日交・日ノ丸バス鳥取砂丘行き「砂の美術館前」下車すぐ
  • JR鳥取駅よりループ麒麟バスで 26 分「鳥取砂丘」下車すぐ(土・日・祝のみ)
【自動車】
  • 無料駐車場,一般車両用 30 台
鳥取砂丘 関連

近隣の情報

鳥取駅付近でネットができる宿

(この項おわり)
header