青森フェリーターミナルは青森駅から車で10分

2013年6月4日 撮影
青森フェリーターミナル
青森フェリーターミナル(青森市沖館2 丁目)は、公益財団法人青森県フェリー埠頭公社が運営している。青森~函館間を運行するのは、青函フェリー(共栄運輸株式会社と北日本海運株式会社による共同運行)と津軽海峡フェリー(津軽海峡フェリー株式会社)だ。
あさかぜ21 - 青函フェリー
青函フェリーのあさかぜ 21 は、2009 年(平成 21 年)4 月に就航した。2048 トン、旅客定員 198 人。
船内は車椅子対応の多目的トイレやバリアフリー昇降機など、バリアフリーに対応している。
あさかぜ21 - 青函フェリーの大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 470 Kbyte)
びるご - 津軽海峡フェリー
津軽海峡フェリーのびるごは、6706 トン、旅客定員は 580 名だ。トラック 65 台または乗用車200 台を搭載することができる。1990 年(平成 2 年)に就航し、2014 年(平成 26 年)4 月に引退した。
びるご - 津軽海峡フェリーの大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 458 Kbyte)
青森フェリーターミナル
青森フェリーターミナルは、1973 年(昭和 48 年)12 月に着工し、1974 年(昭和 49 年)8 月に供用が開始された。

青森駅駅西口からタクシーで約 10 分である。2010 年(平成 22 年)まではシャトルバスが運行していた。
青森フェリーターミナル
青森港~函館港の所要時間は、津軽海峡フェリーが 3 時間40 分~3 時間50 分(在来船)、2 時間45 分(高速船)、青函フェリーが 3 時間45 分~4 時間(使用船舶や運航ダイヤによって異なる)。

この日はほとんどがトラックだった。
青森~函館航路といえば青函連絡船が有名だ。青函連絡船は青森駅に接続していた桟橋を使用していたが、1988 年(昭和 63 年)に廃止となった。
青森フェリーターミナルは、青森駅よりもむしろ、東北自動車道や新青森駅からのアクセスが便利である。時代の移り変わりを感じる。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:青森フェリーターミナル

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header