金沢駅は「もてなしの心」と「ひゃくまんさん」

2015年10月2日 撮影
兼六園口 - 金沢駅
2015年10月2日 撮影
金沢駅(石川県金沢市木ノ新保町1番1 号)は、JR西日本の北陸新幹線、北陸本線、およびIR石川鉄道線が乗り入れている。
2011 年(平成 23 年)、アメリカの旅行雑誌「Travel+Leisure」Web版にて、世界で最も美しい駅14選の 6 位に選出された。

石川県は年間降水日数が 187 日と全国一。そこで、北陸新幹線延伸にともなう整備事業により、2005 年(平成 17 年)、「駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」をコンセプトに、東口は 3,019 枚の強化ガラスと 6,000 本のアルミ合金フレームを使った「もてなしドーム」が完成した。
兼六園口 - 金沢駅の大きな写真大きな写真
(1713×2560 ピクセル, 2590 Kbyte)
兼六園口 - 金沢駅
2015年10月2日 撮影
金沢駅は、官営鉄道北陸線の終着駅として、1898 年(明治 31 年)4 月に開業した。1949 年(昭和 24 年)6 月に国鉄に継承。1990 年(平成 2 年)に旅客駅が高架化し、現在の 4 代目駅舎がオープンする。

最近10 年間の 1 日平均乗車人員は 2 万人前後だったが、2015 年(平成 27 年)3 月 14 日の北陸新幹線延伸に伴い、数字は大きくなる予想だ。また、東口は兼六園口、西口は金沢港口と名称が変わった。

もてなしドーム地下には、広さ 1,570 平方メートルのイベント広場があり、1 日 1 万円で借りることができる。
兼六園口 - 金沢駅
2018年8月11日 撮影
兼六園口を出て左側にバス乗り場が 1~13番まであり、雨に濡れずにバスに乗り換えできる。
市内の観光地めぐりをするなら、北陸鉄道バスの「1 日フリー乗車券」がいいだろう。バスターミナルの前の交通案内所で売っており、500 円で買える。ただし、JR の路線バス、まちバス、金沢ふらっとバスでは利用できない。
鼓門 - 金沢駅
2015年10月2日 撮影
バスの系統が多く、違う系統に乗っても目的の観光地にたどり着けたりする。
「主要観光地別バスのご案内」という電光掲示板が分かりやすい。
鼓門 - 金沢駅の大きな写真大きな写真
(2560×1623 ピクセル, 1712 Kbyte)
鼓門 - 金沢駅
2015年10月2日 撮影
もてなしドームの先には、金沢の伝統芸能である加賀宝生の鼓をイメージした 2脚の柱に緩やかな曲面を描く屋根をかけた「鼓門 (つづみもん) 」がそびえている。

金沢は、加賀藩の初代藩主・前田利家 (まえだとしいえ) の時代から、代々能楽を愛好してきた。5 代藩主・綱紀の頃、時の徳川綱吉将軍にならい宝生流を手厚く保護し、武家だけでなく庶民にも広がっていった。金沢は今でも、その文化が脈々と受け継がれ、石川県立能楽堂や金沢能楽美術館という能楽専門の立派な美術館がある。

そんな能楽の鼓をイメージした、螺旋と格子が織りなす高さ 13.7 メートルの太い 2 本の柱には、米松の構造材が使用されている。
柱の内部には送水管が通っている。もてなしドームの屋根に降り注いだ雨水は、この送水管を通して、地下の貯水槽へ送られていく。年間降水日数が多い金沢ならではの配慮だ。
鼓門 - 金沢駅の大きな写真大きな写真
(1131×2560 ピクセル, 982 Kbyte)
鼓門 - 金沢駅
2015年10月2日 撮影
能の舞台をイメージするかのように、松の木が配されている。
2015 年(平成 27 年)10 月 10 日から 11 日かけ、鼓門を使ったプロジェクトマッピングが行われた。金沢工業大学の主導で行われたプロジェクトの舞台裏を、GIGAZINE が取材した。→「世界で最も美しい」金沢駅鼓門を圧倒的に美しい映像で彩るプロジェクションマッピングはこうやって学生主導で完成したよレポート
北陸新幹線ホーム - 金沢駅
2015年10月2日 撮影
新幹線ホームの柱は、加賀百万石の金をイメージしているという。

金沢は、日本の金箔生産量の 98%以上を占める。
金沢で、いつから金箔の製造が始まったのか定かではないが、前田利家が文禄2 年(1593 年)、豊臣秀吉の朝鮮の役の陣中より、明の使節団の出迎え役を申し渡され、武者揃えの槍などを飾るため、領地の加賀、能登で金箔、銀箔の製造を命じる書を寄せたのが始まりとされている。
ひゃくまんさん - 金沢駅
2018年8月11日 撮影
新幹線改札から通路を挟んで向かい側にある観光案内所に、石川県観光 PR キャラクター「ひゃくまんさん」がいる。

からだに金箔をちりばめ、髭は黒漆、加賀友禅を身に纏い、久谷五彩をあしらうという豪華絢爛、優美華麗なキャラクターである。
ひゃくまんさん - 金沢駅
2018年8月11日 撮影
鼓門の方からひゃくまんさんがやって来た。
このひゃくまんさんの着ぐるみは、金箔や漆塗りを使って 1 体 200 万円と、超豪華。
ひゃくまんさん - 金沢駅の大きな写真大きな写真
(2560×1706 ピクセル, 1835 Kbyte)
ひゃくまんさん - 金沢駅
2018年8月11日 撮影
身長175 センチ。当初は横幅 130 センチだったが、これでは県庁のエレベーターに乗れないので、117 センチにスリム化して何とか業務用エレベーターには入れるようにした。
ところが、北陸新幹線の入口の幅は 100 センチ。乗車できない。首都圏への移動はトラック輸送だ。
ひゃくまんさん - 金沢駅の大きな写真大きな写真
(1373×1920 ピクセル, 1476 Kbyte)
Loading
2018年8月11日 撮影
金沢駅前中央交差点前には、無数の小さな噴水で時刻表示する噴水時計を中心に、噴水広場になっている。噴水時計は、「いいね金沢」「Welcome」「KANAZAWA」「ようこそ金沢へ」など、表示パターンが複数あり、見ていて飽きない。夜になるトライとアップされる。
金沢駅 関連

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:金沢駅

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header