信濃大町駅は立山黒部アルペンルートの長野側玄関口

2018年8月14日 撮影
信濃大町駅
信濃大町駅 (しなのおおまちえき) (長野県大町市大字大町3200番地)は、JR 大糸線の駅で、立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口となっている。現在の駅舎は 2010 年(平成 22 年)7 月に改装されたもの。
信濃大町駅の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1621 Kbyte)
信濃大町駅
東京と日本海とを連絡することを目指し、信濃鉄道の駅として 1916 年(大正 5 年)7 月に開業した。1937 年(昭和 12 年)6 月に国有化される。1957 年(昭和 32 年)8 月、大糸線が全線開通する。1971 年(昭和 46 年)4 月、特急「あずさ」の乗り入れが始まり、同年 6 月、立山黒部アルペンルートが開通する。

2018 年(平成 30 年)現在、特急列車を含む全列車が停車するが、スーパーあずさは 2010 年(平成 22 年)に大糸線への乗り入れを廃止している。
一日市場駅
信濃大町駅から松本駅へ至る大糸線の途中に、一日市場駅 (ひといちばえき) (長野県安曇野市三郷明盛)がある。
毎月 1 日に市場が立ったことからこの名が付いたとされているが、かって岐阜県本巣郡にあった一日市場村とは何の関係もない。
一日市場駅の大きな写真大きな写真
(1920×1331 ピクセル, 1191 Kbyte)
立山黒部アルペンルート 関連

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:信濃大町駅

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

  • 七倉荘 (長野県大町市仁科町3061)
(この項おわり)
header