青函トンネルの体験坑道へ

2018年8月27日 撮影
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
津軽半島の最北端に突き出た龍飛崎 (たっぴざき) にある青函トンネル記念館(青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜 99)では、青函トンネルの掘削作業に使われていた坑道に入ることができる。
体験坑道 - 青函トンネル記念館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 902 Kbyte)
三厩駅
三厩駅
JR 津軽線・三厩駅 (みんまやえき) に到着した。駅舎は、1958 年(昭和 33 年)10 月の開業当時のものだ。
三厩駅の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2417 Kbyte)
三厩駅
三厩駅
青森駅から 55.8km、18駅ある津軽線の終点である。
三厩駅
三厩駅
2017 年度の 1 日平均乗車人員は、わずか 22 人。
外ヶ浜町営バス
外ヶ浜町営バス
三厩駅から外ヶ浜町営バスに乗り、青函トンネル記念館へ向かう。
外ヶ浜町営バスの大きな写真大きな写真
(1920×1242 ピクセル, 1024 Kbyte)
青函トンネル記念館
青函トンネル記念館
青函トンネル記念館(青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜 99番地)は、道の駅みんまやにある。
青函トンネル記念館
青函トンネル記念館
1988 年(昭和 63 年)3 月 11 日、青函トンネル記念館として完成した。
アジテータカー - 青函トンネル記念館
アジテータカー
アジテータカーは、台車に円筒形のミキシングドラムユニットを取り付けたコンクリート運搬機械で、生コンクリートの品質を損なうことなく打設現場まで輸送することができる。ドラム容量は 3~6m3のものが多く使われた。
斜坑人車 - 青函トンネル記念館
斜坑人車
斜坑人車は人員輸送用として使われた車両で、1 両に 24~28 人が乗ることができ、4~5 両で運行した。
青函トンネル竜飛斜坑線 - 青函トンネル記念館
青函トンネル竜飛斜坑線
青函トンネル竜飛斜坑線の入口。
青函トンネル竜飛斜坑線 - 青函トンネル記念館
青函トンネル竜飛斜坑線
青函トンネル竜飛斜坑線は、青函トンネル記念館が運営しているケーブルカーで、全長は 778 メートル。定員 40 名の車両が 1 両で運行しており、すれ違いはない。
青函トンネル竜飛斜坑線 - 青函トンネル記念館の大きな写真大きな写真
(1920×1355 ピクセル, 1049 Kbyte)
青函トンネル竜飛斜坑線 - 青函トンネル記念館
青函トンネル竜飛斜坑線
元々は青函トンネル工事における作業員や物資の輸送のために建設され、竜飛定点(2013 年 11 月 10 日で休止した竜飛海底駅)に通じている。

地上にある青函トンネル記念館駅側には、風圧防止と、列車無人走行による事故防止のため、通風門がある。通風門開場中は、駅構内に入ることはできない。
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
斜度が 14 度ある斜坑を下り、10 分弱で、海面下 140 メートルにある竜飛定点に到着する。
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
体験坑道は、実際に作業坑として使われた一角に展示エリアを設け、掘削に使われた機械や器機を展示しており、当時の現場の雰囲気を再現している。見学時間は 25 分ほど。
体験坑道 - 青函トンネル記念館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1026 Kbyte)
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
トンネル建設のために使用した鋼材の総量は 16 万 8 千トンに及び、これは東京タワーを 42 基建設できる量である。
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
削岩機――圧縮空気の力で先端に付いているノミによって岩盤に衝撃を与え、ダイナマイトを装填する穴を掘る機械である。
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
掘った直後を固めるコンクリート吹き付けの様子。
止水だけでなく地盤補強に効果があり、圧縮強度が高いセメントミルク+水ガラスが用いられた。
体験坑道 - 青函トンネル記念館
体験坑道
青函トンネルに関わった労働者は延べ 1370 万人と、当時の東北 6県の全人口の約 1.4 倍にも達した。殉職者は計34 名、負傷者は 1,424 名を数えた。
本坑貫通石 - 青函トンネル記念館
本坑貫通石
本坑が全貫通したのは 1985 年(昭和 60 年)3 月 10 日のこと。そのときの貫通石が展示されている。
青函隧道境界点 - 青函トンネル記念館
青函隧道境界点
1988 年(昭和 63 年)3 月 13 日の事務次官会議において自治体境界を定め、公海下部分のうち、約 4.7km を青森県東津軽郡三厩村、約 5km を北海道松前郡福島町に編入することとなり、3 月 24 日に告示された。そのときのプレートである。
青函トンネル記念館
青函トンネル記念館
青函トンネル記念館の展示ホールには、先進ボーリング技術や地盤注入技術、 吹き付けコンクリート技術など多くの技術と工事方法が紹介されている。
2階のギャラリーには、青函トンネルの歴史や構造、実際に使用された機器など、青函トンネルに関する様々な資料を展示しており、ドキュメンタリー映像を流しているシアターがある。
青函トンネル記念館の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1054 Kbyte)
モグメロ - 青函トンネル記念館
モグメロ
記念館のキャラクター「モグメロ」。
モグリン - 青函トンネル記念館
モグリン
記念館のキャラクター「モグリン」。

交通アクセス

【鉄道+バス】
  • 三厩駅から外ヶ浜町循環バス龍飛行き乗車(所要時間27 分)、青函トンネル記念館下車
【自動車】
  • 東北自動車道「青森 I.C.」から国道7 号で津軽方面へ進み、新城大橋を渡り国道280 号へ左折。津軽海峡、龍飛崎で案内板に従い現地へ。青森 I.C.から約 80km
青函トンネル 関連

参考サイト

近隣の情報

(この項おわり)
header