児島駅は瀬戸大橋の本州側起点

2018年12月27日 撮影
日没 - 児島
日没
児島(岡山県倉敷市下津井)は、『古事記』『日本書紀』の国土誕生にもあらわれる島だったが、吉井川、旭川、高梁川の堆積作用により海は次第に浅くなり、戦国時代末期から干拓がされていった。江戸時代中期には陸続きとなり、児島半島となった。

瀬戸内海に沈む美しい夕陽が見られるスポットとなっている。
日没 - 児島の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1034 Kbyte)
下津井祇園神社 - 児島
下津井祇園神社
下津井祇園 (しもついぎおん) 神社(岡山県倉敷市下津井 1-13-16)は、海に突き出た海抜 22 メートルの浄山 (じょうやま) の上に祀られている。瀬戸大橋を望むことができる。現在の参道は、1863 年(文久 3 年)に池田氏によって寄進されたものである。
下津井祇園神社 - 児島の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1658 Kbyte)
下津井鉄道 - 児島
下津井鉄道
下津井鉄道は、かつて、茶屋町駅と下津井駅の 21km を結んでいた鉄道路線である。1991 年(平成 3 年)に全線廃止となったが、下津井駅の跡地に、地元のボランティア団体「下津井みなと電車保存会」と下津井電鉄の協力で当時の車両が維持整備されている。
下津井鉄道 - 児島の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1014 Kbyte)
児島駅 - 児島
児島駅
最寄り駅は、瀬戸大橋線(JR西日本・ JR 四国)の児島駅(岡山県倉敷市児島駅前 1-107)である。瀬戸大橋の本州側の起点となっている。
児島駅 - 児島
児島駅
高架駅で、ホームは 2面4線となっている。
国産ジーンズ発祥の地である児島をアピールするため、駅構内のあちらこちらにジーンズの柄をラッピングしている。2015 年(平成 27 年)6 月、ジーンズステーションの愛称が付けられた。
たびにゃん - 児島
たびにゃん
JR西日本岡山支社のゆるキャラ「くまなく」――左下にいる同僚「たびにゃん」と岡山の魅力を“くまなく”探し、情報発信していくという。

祇園神社への交通アクセス

【鉄道】
  • JR 児島駅下車、下電バス下津井循環線とこはい号で 18 分、祇園神社下下車
【自動車】
  • 瀬戸中央自動車道「児島 IC」から南へ 2km ・駐車場あり。
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:下津井祇園神社

参考サイト

近隣の情報

祇園神社の付近でネットができる宿

(この項おわり)
header