白川郷は合掌造りと田んぼとかき氷

2019年8月14日 撮影
荻町城跡展望台から - 白川郷
白川郷(岐阜県大野郡白川村荻町)は、合掌造りと田んぼから成る独特の景観をなす集落で、1976 年(昭和 51 年)に重要伝統的建造物群保存地区として選定され、1995 年(平成 7 年)には白川郷・五箇山の合掌造り集落としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。
荻町城跡展望台から - 白川郷の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 3345 Kbyte)
バスターミナル - 白川郷
バスターミナル
2016 年(平成 28 年)10 月から運用が始まった真新しい白川郷バスターミナルに到着。ここから歩いてすぐの所に、展望台行きのシャトルバス(ワゴン車)が発着しており、それに乗る。片道200 円。
荻町城跡展望台から - 白川郷
荻町城跡展望台から
荻町城跡展望台に到着。バスターミナルから棚田を見ながら歩くと 20 分かかるという。

この展望台は、白川郷(荻町)の北側に位置しており、西北部は断崖絶壁になっていることから、抜群の眺望を誇る。
約 400 年前、室町幕府 8 代将軍・足利義政の命令で信州松代から白川郷へ進出した、内ケ島為氏 (うちがしまためうじ) の家臣・山下氏勝の居城だった。
荻町城跡展望台から - 白川郷の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 3238 Kbyte)
荻町城跡展望台から - 白川郷
荻町城跡展望台から
絵葉書でよく見る構図である。
1~2 月の積雪期にはライトアップされる。
荻町城跡展望台から - 白川郷の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2626 Kbyte)
荻町城跡展望台から - 白川郷
荻町城跡展望台から
この日は猛暑で、散水した水が虹を作っていた。
白川郷
白川郷の萩町地区では、いまも人々が暮らしている。

白川村の全人口は 1600 人。これに対して、毎年 150 万人の観光客が訪れる。ざっと 1000 倍の人数だ。世界遺産になったことを受け、外国人観光客も目立つ。

合掌造りの家屋にはエアコンの室外機が見える一方、広大な田んぼや池を管理する苦労が偲ばれる。
白川郷の大きな写真大きな写真
(1537×1920 ピクセル, 1721 Kbyte)
和田家住宅 - 白川郷
和田家住宅
バスターミナルから歩いて 5 分ほどのところに、国指定重要文化財の和田家住宅がある。現在の建物は江戸時代末期のものと考えられている。
和田家住宅 - 白川郷の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 2032 Kbyte)
和田家住宅 - 白川郷
和田家住宅
入場有料。
主屋は 3階建て。畳、ふすま、廊下を隔てて外の景色が見える、懐かしい構図だ。
1階の囲炉裏が発する熱や煙は、家全体に対する防虫や防湿の効果があった。
和田家住宅 - 白川郷
和田家住宅
和田家は 1573 年(元亀 4 年)から続く名家で、江戸時代には庄屋を務め、苗字帯刀を許された。1985 年(昭和 60 年)、中曽根康弘総理(当時)から従六位に除せられている。当主は代々、彌右衛門を名乗る。
和田家住宅 - 白川郷
和田家住宅
かつては養蚕を行っており、いまも生きているカイコに桑の葉を練ったものを与えている様子を観光展示している。
和田家住宅 - 白川郷
和田家住宅
養蚕は 2階、3階で営んでいた。繭が入る木枠などが展示されている。
和田家住宅 - 白川郷
和田家住宅
往時には 20 人以上の人が住んでいたという。
また、床下では蚕の糞を原料に黒色火薬の酸化剤となる硝石(硝酸カリウム)を発酵生成していた。生き物を余すところいただくところ、いかにも日本人らしい。
和田家住宅 - 白川郷の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1013 Kbyte)
和田家住宅 - 白川郷
和田家住宅
3階には巨大な梁が見える。合掌造りは、30~40 年に一度、葺き替えを行うという。一度の葺き替えで、数千万円かかる。世界文化遺産に登録されているおかげで、国庫補助があるという。
白川郷
あちらこちらに田んぼが広がる。
白川郷の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2732 Kbyte)
白川郷
合掌造りの屋根は、45~60 度の勾配がある。豪雪地帯で雪下ろしが大変なので、雪が自重で滑り落ちるように考えられたものだ。また、雨も多く、水はけを良くする効果もある。

最近の茅葺屋根は、ススキやカリヤスの 2 つを使っている。カリヤスの方が寿命は長いのだが、入手が難しくなっており、替わりにススキを使っているそうだ。
白川郷の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1474 Kbyte)
白川郷
白川郷の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1878 Kbyte)
白川郷
白川郷の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1307 Kbyte)
白川郷
田んぼに欠かせない案山子。よほど珍しいのか、多くの外国人がシャッターを切っていた。
山本屋 - 白川郷
山本屋の蕎麦
昼食は、山本屋で蕎麦をいただく。
縁側が待合になっており、内部は冷房がないが、風通しが良く涼しい。
明善寺 - 白川郷
明善寺
明善寺は、1748 年(延享 5 年)に創建された浄土真宗のお寺で、これも合掌造りになっている。とくに鐘楼門は茅葺きの屋根を持ち、1階にひさしの付いた珍しい形をしている。
庫裡は白川郷で一番大きい合掌造りの建物で、郷土館として公開されている。
明善寺 - 白川郷の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1865 Kbyte)
白川郷
夏の白川郷は彩度が高い。
山や田んぼは緑色、青い空と白い雲、ひまわりの鮮やかな黄色、そして合掌造りの歳月を重ねた木の色。
白川郷の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2456 Kbyte)
白川村消防団 - 白川郷
白川村消防団
合掌造りの家屋は、火に非常に弱く、1軒でも出火した場合、飛び火により集落全体が焼失してしまう恐れがある。白川村消防団が集落を守っている。
消火栓 - 白川郷
消火栓
白川郷のあちらこちらに目立たない形をした消火栓があるほか、360 度回転する放水銃を設置している。放水銃は、景観を損なうことのないよう収納箱の屋根を合掌造り風にしている。
59 基ある放水銃は、600 トンの貯水槽から、高低差 80 メートルの水圧を利用し、30 メートルあまりの高さにまで放水できる。
白川八幡宮 - 白川郷
白川八幡宮
8 世紀に創建されたという白川八幡神社は、同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」に登場する古手神社のモデルといわれている。
なお、この日、ないていたのはミンミンゼミである。
白川八幡宮 - 白川郷の大きな写真大きな写真
(1920×1265 ピクセル, 1668 Kbyte)
白川八幡宮 - 白川郷
白川八幡宮
御神木。
白川郷
白川郷の観光は、岐阜県がトップセールスを行い、白川村が観光資源を整備・確保するという役割分担ができている。バスターミナルには、日本と英語はもちろん、韓国語、中国語(簡体・繁体)、フランス語、ドイツ語、スペイン語、そしてタイ語のガイドまで揃っている。
白川郷の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1508 Kbyte)
白川郷
ただ古い景観を売りにしているだけでなく、集落内のあちらこちらに、飲食店や土産物、民宿が点在しており、気が向いたときに立ち寄ることができる。かき氷やアイスコーヒーもある。欧米の観光地に似ている。
白川郷の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 2127 Kbyte)
 - 白川郷
丸型ポストを発見。

昔ながらのわら箒(ハンディタイプ)を購入した。キーボードの掃除用。

交通アクセス

【バス】
  • 高山駅(高山濃飛バスセンター4番乗り場)から約 50 分
  • 金沢駅(金沢駅東口 2番乗り場)から約 1 時間15 分
  • 高岡駅(高岡駅前 7番乗り場)から約 2 時間10 分
  • 名古屋駅から約 2 時間50 分
白川郷 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header