陸前高田駅は東日本大震災で流出

2019年8月26日 撮影
陸前高田駅
陸前高田駅(岩手県陸前高田市高田町字館の沖 110番地)は、JR 大船渡線の駅である。1933 年(昭和 8 年)12 月に開業。2011 年(平成 23 年)3 月 11 日の東日本大震災による津波で駅舎が流出し、2015 年(平成 27 年)3 月、BRT用の駅舎に移設した。
陸前高田駅の大きな写真大きな写真
(1920×1180 ピクセル, 782 Kbyte)
2018 年(平成 30 年)4 月、陸前高田市からの要望で、同市の新中心市街地に移転した。駅舎は震災前の駅舎を模して作られている。
震災前の 1 日平均乗車人員は 220 人だったが、BRT 化以降は 75 人と激減してしまった。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:陸前高田駅
 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header