しまなみ海道は自転車道が併走

2020年1月18日 撮影
来島海峡大橋 - しまなみ海道
来島海峡大橋
大きな写真大きな写真
(2560×1143 ピクセル, 1028 Kbyte)
多々羅大橋 - しまなみ海道
多々羅大橋
しまなみ海道は、本州四国連絡道路の 3 ルートのうち、一番西に位置する。愛媛県今治市から瀬戸内海に浮かぶ島々を 7 つの橋で結び、広島県尾道市に至る総延長59.4km の道路である。1999 年(平成 11 年)5 月 1 日に全ての橋が開通した。
多々羅大橋 - しまなみ海道の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1627 Kbyte)
多々羅大橋 - しまなみ海道
多々羅大橋
高速道路でありながら、橋には歩行者・自転車・原動機付自転車のみ通行ができる側道またはトラス内部の専用路が設けられているのが特徴で、総延長70km のしまなみ海道サイクリングロードが併走する。
多々羅大橋 - しまなみ海道の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 815 Kbyte)
新尾道大橋 - しまなみ海道
新尾道大橋
来島海峡大橋 (くるしまかいきょう おおはし) は、世界初の 3連吊り橋で、全長は 4,105 メートルと、7 つの橋の中で最長である。
多々羅大橋 (たたらおおはし) は、全長1,480 メートいるで、1999 年(平成 11 年)開業当時は世界最大の斜張橋であった。
新尾道大橋 - しまなみ海道の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 851 Kbyte)
新尾道大橋は自動車専用橋梁で、東側に並行して走る尾道大橋の方は生活用橋梁として役割分担している。
尾道駅 - しまなみ海道
尾道駅
尾道駅(広島県尾道市東御所町1-1)は、JR 山陽本線の駅で、しまなみ海道サイクリングロードの尾道側出発点でもある。開業は 1891 年(明治 24 年)11 月。
尾道駅 - しまなみ海道の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 847 Kbyte)
今治市伊東豊雄建築ミュージアム
今治市伊東豊雄建築ミュージアム
今治市伊東豊雄建築ミュージアム(愛媛県今治市大三島町浦戸 2418)は、建築家の伊東豊雄 (いとう とよお) の建築作品が展示されている美術館で、2011 年(平成 23 年)7 月にオープンした。
今治市伊東豊雄建築ミュージアムの大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 593 Kbyte)

交通アクセス

しまなみ海道 関連

参考サイト

近隣の情報

尾道駅付近でネットができる宿

(この項おわり)
header