東京駅は列車発着本数で日本一

2000年12月10日 撮影
東京駅丸の内口
東京駅(東京都千代田区丸の内 1−9−1)は、2000 年(平成 12 年)現在、地上部に在来線ホーム 5面10線と新幹線5面10線、地下に在来線4面8線、地下鉄1面2線を有する、首都東京の表玄関ともいうべきターミナル駅だ。総面積は約 17 万平方メートル(東京ドーム 3.6 個分)、1 日あたりの発着列車本数約 4,000 本(日本一)、1 日あたりの乗降客数約 40 万人である。
東京駅丸の内口
1889 年(明治 22 年)、国鉄の東海道本線の新橋~神戸間が全線開通した。一方、私鉄の日本鉄道が、上野を始発として青森に向けて線路を建設していた。そこで、新橋と上野を結ぶ高架鉄道の建設が東京市区改正計画によって立案され、1896 年(明治 29 年)の第9 回帝国議会でこの新線の途中に中央停車場を建設する事が可決された。
東京駅丸の内口
実際の建設は日清戦争と日露戦争の影響で遅れ、建設工事は戦争終了後の 1908 年(明治 41 年)から本格化し 1914 年(大正 3 年)12 月 18 日に開業し、「東京駅」と命名された。東京駅の位置は皇居の正面に設定され、皇居前広場からまっすぐ進めば丸の内口の中央貴賓出入口に到達する。
駅本屋は辰野金吾葛西万司が設計した鉄筋レンガ造り 3階建て総建坪 9,545 平方メートルの豪壮華麗な建築物で、皇居に向いた丸の内側に建設されている。
東京駅では、2007 年(平成 19 年)4 月から 2012 年(平成 24 年)6 月までの予定で、1914 年(大正 3 年)の開業当時の姿に戻す復原工事が進んでいる。
そして 2012 年(平成 24 年)春、4 年ぶりにライトアップが復活する。手がけるのは、京都駅ビルや明治神宮を手がけた照明デザイナーの面出薫 (めんでかおる) 氏。照明器具には LED を使用し、工事前に行っていたライトアップより電気代が 25%削減できるという。→東京駅丸の内駅舎ライトアップについて【PDF】

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:東京駅
東京駅 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header