えちぜん鉄道 MC6101形は 2003年に営業運転開始

えちぜん鉄道は第三セクター
えちぜん鉄道 MC6101形
2017年9月23日 三国港駅 撮影:こぱふぅ
えちぜん鉄道 MC6101 形電車は、愛知環状鉄道の 100 系電車を譲渡・改造され、2003 年(平成 15 年)に営業運転を開始した。
全長19 メートル、自習40.6 トン、定員 123 名。基本的に 2 両編成で運用される。

愛知環状鉄道は直流 1500V だが、えちぜん鉄道は直流 600V であるため、電動機の性能の半分も発揮できないことが分かった。そこで、JR 東日本で 113 系で使われていた電動機を購入し、交換した。それでも加速性能は十分ではない。
えちぜん鉄道 MC6101形の大きな写真大きな写真
(1843×2560 ピクセル, 1578 Kbyte)
えちぜん鉄道 MC6101形
2019年8月15日 永平寺口駅 撮影:こぱふぅ
えちぜん鉄道株式会社は、京福電気鉄道が運営していた越前本線・三国芦原線を継承するため、2002 年(平成 14 年)に設立された第三セクター方式の鉄道事業者である。
三国芦原線 (みくにあわらせん) は、福井口駅から三国港駅までの 23駅、25.2km を結ぶ。三国芦原電鉄の路線として、1928 年(昭和 3 年)に開業し、1944 年(昭和 19 年)に全線開業した。
えちぜん鉄道 MC6101形の大きな写真大きな写真
(1908×2560 ピクセル, 1938 Kbyte)
えちぜん鉄道 MC6101形
2017年9月23日 福井口駅 撮影:こぱふぅ
2001 年(平成 13 年)、越前本線で起きた列車衝突事故のため、事業改善命令が出されて三国芦原線も休止となり、2003 年(平成 15 年)にえちぜん鉄道へ譲渡された。
えちぜん鉄道

参考サイト

(この項おわり)
header