Windows 10 May 2019 Update (バージョン1903)

2019年8月 導入
Windows 10 May 2019 Update
大きな写真大きな写真
(2560×1440 ピクセル, 1906 Kbyte)
Windows 10 のメジャーアップデートである May 2019 Update(バージョン 1903)が、2019 年(令和元年)5 月 22 日から配信開始。手動で 2019 年(令和元年)8 月 19 日にアップデートした。ダウンロード開始から更新完了まで 2 時間30 分を要した。
Windows から Linux のファイルを直接編集できるようになったのは便利だ。

目次

May 2019 Update(バージョン1903)

2019 年(令和元年)5 月 22 日(現地時間)、May 2019 Update(バージョン 1903)の提供が始まった。前回同様、AI を使ったローリングアウト方式を採用し、全対象ユーザーに行き渡るには数日かかる見込み。

今回も、Windows 10 更新アシスタントを使って手動更新した。
ダウンロードは 10 分ほどで終わったが、「更新プログラムを準備しています」は、80%を超えてからが長く、1 時間40 分ほどかかった。続いてシステムの再起動が何度が起きるが、これに 40 分を要した。

WSL強化

WSL(Windows Subsystem for Linux)が強化された。
WSL強化 - Windows 10 October 2018 Update
WSL 強化
すでにインストールしていた Ubuntu のファイルを、Windows 側からアクセスできるようになった。Windows 側で使い慣れたエディタ WZ Editor でソースを編集し、Linux 側でコンパイルするという使い方ができるようになった。
WSL強化 - Windows 10 October 2018 Update
WSL 強化
Windows 側からのアクセスはファイルエクスプロラーを利用し、共有フォルダにアクセスするように "\\wsl$\(ディストビューション名)" と指定する。 Ubuntu へのアクセスなら "\\wsl$\Ubuntu" とする。"/home" へはもちろん、"/sys" や "/bin" へのアクセスも可能だ。

Windowsサンドボックス

フリーソフトを試しに使ってみるときに使えるサンドボックス機能が実装された。
Windows 10(ホスト OS)上に、別の Windows デスクトップ環境を構築する。このデスクトップ環境はホスト OS 側と分離しており、仮にマルウェアに感染しても、ホスト OS 側には影響を及ぼさない。

サンドボックスを利用できるシステム要件は次の通り。
  • 64 ビット対応 CPU
  • VT 機能対応 CPU と、BIOS で有効化してあること
  • 最低 4GB のメモリ(8GB 推奨)
  • 最低 1GB のストレージ領域(SSD 推奨)
  • 最低 2 コアの CPU(4 コア以上推奨、HyperThreading 含む)
Windowsサンドボックス - Windows 10 October 2018 Update
Windows サンドボックス
まず、「コントロールパネル > プログラムと昨日 > Windows の機能の有効化または無効化」から、Windows サンドボックスにチェックを付けて、再起動する。

3 年前にバージョンアップした BootCamp 6.0ではサンドボックス機能がグレーアウトしておりチェックできなかった。そこで、BootCamp をバージョンアップすることにした。しかし、Apple Software Update からはバージョンアップできず、macOS に戻って、BootCamp アシスタントを使ってダウンロードした。
BootCampアシスタント
BootCamp アシスタント
デバイスドライバなどを格納するため、FAT フォーマットした USB メモリを接続する。
ユーティリティから BootCamp アシスタントを起動する。
BootCampアシスタント
BootCamp アシスタント
「最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード」を選択する。
BootCampアシスタント
BootCamp アシスタント
ダウンロードするファイルは合計2.6G バイトある。ダウンロードに 30 分ほどを要した。"BootCamp.xml" を見ると、バージョンは 6.0.6136 となっていた。

Windows を再起動し、ダウンロードした "setup.exe" を実行。再起動する。
Windowsサンドボックス - Windows 10 October 2018 Update
Windows サンドボックス
アプリケーションから Windows サンドボックスを起動する。初回起動は数分かかるが、次回からは 1 分ほどで、上図のようなデスクトップ環境が用意される。
ホスト OS から試してみたいプログラムをドラッグ&コピーでデスクトップ環境にコピーして実行する。
デスクトップ環境を終了すると、コピーしたプログラムなど、すべてのコンテンツは廃棄される。

ファイル検索機能

ファイル検索機能が Cortana から分離し、Windows 7 のような使い方に戻った。
ファイル検索機能 - Windows 10 October 2018 Update
ファイル検索機能

参考サイト

(この項おわり)
header