JAL機体整備工場(羽田)

2008年11月17日 撮影
(※)このページは、日本航空さんのご厚意により公開しています。リンクは自由ですが、転載・引用はお断りいたします。
M1ビル見学者ホール-JAL機体整備工場
JAL 機体整備工場(東京都大田区羽田空港 3-5-1 )を見学した。
見学プログラムは 2 時間弱――はじめに M1 ビル見学者ホールで、ビデオや実際の航空機の部品などを使ったレクチャを受ける。休憩時間に、パイロットやキャビンアテンダント、整備士の制服を着用した記念撮影ができる。このコスプレは大人にもお勧め。

ハニカム・サンドイッチ構造になっている機体の一部を持ってみたが、驚くほど軽い。写真に機体の一部が写っているが、非常に薄い。
ラジコン-JAL機体整備工場
見学者ホールに展示されていたボーイング 777-200 型機――整備士の有志による製作物で、縮尺は 20 分の 1。全幅 3 メートル、全長3.2 メートル、重量約 20 キログラムという巨大なラジコン飛行機で、実際に空を飛ぶという。素晴らしい!
技術者の一人としては、実際に飛んでいるところを見てみたいものである。
M1ハンガー-JAL機体整備工場
見学ホールで配布された ID カードを首からぶら下げ、M1 格納庫(ハンガー)へ向かう。

M1 ハンガーの延べ床面積は約 5 万平方メートル、高さは 6階建てのビルほどもあり、ジャンボ機が 2 機格納できる。東京ドームより広いので、トイレまでの距離も半端ではない。このため、格納庫の見学中はトイレに行くことができない。見学ホールにいる間に済ませておこう。
M1ハンガー-JAL機体整備工場
この日はジェット機が 2 機入っていた。
金属製の足場に囲まれ翼しか見えないが、多くの作業員が点検作業に従事しているのが見える。ビルの 3階くらいの高さから見下ろしているため、人が小さく見える。そして、背面には巨大なアナログ時計が設置されている。

飛行機を囲んでいる足場は天井からレールでぶら下がっている。航空機のサイズに合わせて移動できるのだと思うが、ともかく、何から何まで巨大である。

750 時間飛んだ機体は A 整備と呼ばれる、8 時間ほどの点検を受ける。
さらに、7,500飛行時間または 18 ヶ月毎に、C 整備と呼ばれる点検を受ける。これはパネルなどを取り外した本格的な点検で、7 日かかる。
そして、16,000飛行時間または 3,000 日毎に、M 整備が行われる。M 整備では、構造的な点検や交換など、徹底的な点検作業が行われる。25 日を要する。
M1ハンガー-JAL機体整備工場
隣の M2 格納庫へ向かう通路の頭上には、部材を運ぶためのレールが敷かれており、コンテナが移動していた。コンピュータ制御の全自動で目的地まで部材を運び届けてくれる。

M2 格納庫では 1階に降りることができた。
目線の高さからジェット機を見ると、エンジンだけでもとんでもない大きさだということが実感される。
降着装置-JAL機体整備工場
飛行機のタイヤ――正確には「降着装置」と呼ぶ――は、高速で走行する巨大な機体を支えるため、これまた大きい。ジャンボ機では高さ約 120 センチ、幅約 50 センチにも達するという。トラックの倍以上の大きさである。
気圧も 12~14 気圧と、自家用車の 10 倍以上。これに耐えるために厚みもあり、1 個のタイヤの重量は 120 キログラムを超える。
これほど大きな構造物を表に出すと、当然、空気抵抗が増す。
燃料高騰の折、着陸時に降着装置を出すタイミングを少しでも遅らそうと、パイロットは努力しているそうだ。
コストを意識しつつ安全を確保するというのも、プロフェッショナルである。同じプロとして、自分も会社の経費を使わないように工夫しなければ(苦笑)。
JALボーイング747
M2格納庫(ハンガー)-JAL機体整備工場
M2 格納庫から、滑走路を見ることができた。
写真はボーイング 747だが、距離が離れているせいか、とてもゆっくりと飛んでいるように見える。実際には時速250 キロと、新幹線並みのスピードで入ってきているのだが――着陸後の逆噴射の音が、意外に大きかった。
M2 格納庫は M1 より小さく、延べ床面積は約 3 万 2 千平方メートル。高さは M1 と同じ。

羽田空港の到着便は、1 時間に最大で 30 便――2 分に一度着陸している計算になる。次から次へと正確に同じ位置に降りてくる。機体がふらついたり、タイヤが軋む音も聞こえない。それが出来るのが当たり前の話なのだろうが、パイロットのプロ意識を感じる一瞬であった。
航空レーダー-JAL機体整備工場
M2 格納庫のすぐ近くにはレーダー等がある。
北西にある羽田空港ターミナル(ビッグバード)の方には、建設中の新しい管制塔が見える。

新しい管制塔は 2010 年(平成 22 年)1 月 12 日に運用を開始した。
高さは、これまでの管制塔より約 38 メートル高い 115.7 メートルで、国内では最も高く、世界でも 3番目の高さという。2010 年(平成 22 年)10 月にオープンする 4 本目の滑走路も見渡すことができる。

交通アクセス

【鉄道】
  • 羽田モノレール「新整備場」駅下車、徒歩 5 分
【見学について】
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:日本航空M1ハンガー
日本航空関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header