木津駅は木材流通で栄えた歴史を表現

2015年8月25日 撮影
木津駅
大きな写真大きな写真
(4003×960ピクセル, 1714 Kbyte)
木津駅
木津駅(京都府木津川市木津池田116-2)の駅舎は流線型をしているが、木津川をイメージしたものという。また、木材の流通で栄えた木津町の歴史を偲んで、木目調のデザインとなっている。
木津駅の大きな写真大きな写真
(2560×1825ピクセル, 1267 Kbyte)
木津駅
開業は1896年(明治29年)のことで、奈良鉄道の終着駅だった。
現在、JR関西本線(大和路線)、奈良線、片町線(学研都市線)が乗り入れる、京都府最南端の駅もある。

木津市は人口約7万人。2007年(平成19年)3月、木津町、山城町、加茂町が合併して発足した。これにともない新しい駅舎が建設され、4月に供用開始された。
木津駅の大きな写真大きな写真
(1440×1920ピクセル, 1281 Kbyte)
木津駅
新しい駅舎は橋上からホームに接続する形になったが、旧駅舎で使っていた乗り換え通路は東西自由通路となった。開業当時の煉瓦壁が見えるように工夫されている。
木津駅の大きな写真大きな写真
(2560×1920ピクセル, 2338 Kbyte)

交通アクセス

【鉄道】
  • 京都駅からJR奈良線「みやこ路快速」で38分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:木津駅

参考サイト

近隣の情報

(この項おわり)
header