熊本城は日本三名城のひとつ

2016年3月19日 撮影
熊本城
熊本城(熊本県熊本市中央区本丸 1-1)は、加藤清正が 7 年の歳月をかけて慶長12 年(1607 年)に完成した平山城である。
熊本城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1691 Kbyte)
熊本城
清正流 (せいしょうりゅう) と呼ばれる石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが詰め込んだように建てられ、日本三名城のひとつとして評価が高い。熊本のシンボルでもある。
熊本城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1639 Kbyte)
熊本城
熊本城公園は日本さくら名所 100選に選ばれている。

寛永 9 年(1632 年)、細川氏の居城になってからも改築が続き、明治時代初頭までには大半の建物が撤去されずにあったが、西南戦争で西郷軍の攻略目標となり、一部の建物を残して焼失してしまった。石垣そのものは、1889 年(明治 22 年)の熊本自身で一部が崩落したほかは、ほぼ江戸時代の姿をとどめており、城跡は特別史跡に指定されている。
宇土櫓 - 熊本城
宇土櫓 (うとやぐら) は、本丸の西北隅にあり、20 メートルの高石垣の上に建つ 3 層 5階地下 1階、地上約 19 メートルの櫓で、店主波の大きさを誇る。国指定の重要文化財。
宇土櫓 - 熊本城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1490 Kbyte)
飯田丸五階櫓 - 熊本城
飯田丸五階櫓 (いいだまるごかいやぐら) は、飯田丸の南西隅にあった櫓だ。西南戦争前に陸軍により破壊されたが、2005 年(平成 17 年)に復元された。
飯田丸五階櫓 - 熊本城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1805 Kbyte)
外観3 層内部5階建ての櫓で、延べ床面積503 平方メートル、石垣からの高さ 14.3 メートルで天守級の規模を誇る。
飯田丸の名称は、加藤清正の重臣、飯田覚兵衛 (いいだかくべえ) が管理していたことから。
熊本城
熊本城の石垣は、始めは緩やかな勾配だが、上部に行くにしたがって垂直に近くなる。これを「武者返し」と読んでおり、
熊本城の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 3447 Kbyte)
加藤清正 - 熊本城
加藤清正は、朝鮮出兵の差異の籠城戦で水に苦労したことから、熊本城内には 120箇所もの井戸を掘った。どの井戸も水量が豊かであり、西南戦争で官軍が籠城した際にも利用された。
大銀杏 - 熊本城
熊本城は、別名を銀杏城という。これは、籠城戦になったときに食料確保のため、加藤清正が植えたという大銀杏に由来する。しかし、この大銀杏は雄木なので実はならず、城内を知らない者が後世につくった俗説と言われている。
2016 年(平成 28 年)4 月 14 日夜、熊本県を震源に強い地震が起きた。益城 (ましき) 町では震度 7 を記録した。熊本城でも天守閣の屋根瓦や鯱が落下し、石垣が崩れたりする被害が出た。危険なため、翌15 日は閉園となった。
追い打ちをかけるように 15 日夜、マグニチュード 7.3 の本震が発生し、東側にある東十八間櫓と北十八間櫓が倒壊した。2 つの櫓はともに、国の重要文化財に指定されている。

いままでにない大きな被害ということだが、熊本のシンボルとして、1 日も早く復旧することを祈っている。

交通アクセス

【鉄道】
  • 熊本城・市役所前電停より徒歩 3 分
【バス】
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:熊本城
熊本城 関連

熊本駅

熊本駅
熊本駅(熊本県熊本市西区は、JR 九州および JR貨物の駅で、九州新幹線をはじめ、特急列車や観光列車など全旅客列車が停車するターミナル駅である。熊本市交通局の熊本駅前停留場も隣接する。

1981 年(昭和 56 年)7 月に九州鉄道の駅として開業。1907 年(明治 40 年)7 月、九州鉄道が国有化される。
写真は、白川口(東口)駅舎で、1958 年(昭和 33 年)に建築された。
熊本駅
2002 年(平成 14 年)、1 回改札口に自動改札機を設置したが、これは熊本県内初だった。2012 年(平成 24 年)に SUGOCA に対応。
2009 年(平成 21 年)3 月、東京駅へ向かう寝台特急はやぶさの運行が終了した。
くまモン
くまモンは、2011 年(平成 23 年)3 月 12 日、九州新幹線全線開業に合わせて誕生した。熊本県の営業部長を務める。

2016 年(平成 28 年)3 月、九州新幹線開業 5 周年を記念し、熊本駅はくまモン駅に改称した(9 月まで)。くまモンが駅長に任命された。

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header