金峯山寺で除夜の鐘をつく

2016年12月31日 撮影
蔵王堂 - 金峯山寺
金峯山寺 (きんぷせんじ) (奈良県吉野郡吉野町吉野山 2498)は、吉野山の尾根上にそびえる蔵王権現を本尊とする寺院で、修験道の開祖・役行者 (えんのぎょうじゃ) が奈良時代に開いたと伝えられている。
蔵王堂 - 金峯山寺の大きな写真大きな写真
(1920×1282 ピクセル, 1048 Kbyte)
蔵王堂 - 金峯山寺
本堂の蔵王堂は、1592 年(天正 19 年)、豊臣家の寄進で再興されたもので、高さ 34 メートル、奥行き・幅ともに 36 メートルという、木造建造物としては東大寺大仏殿に次ぐ規模をほこる。2階建てのように見えるが、中は吹き抜け構造になっている。国宝である。
蔵王堂 - 金峯山寺の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 860 Kbyte)
蔵王堂 - 金峯山寺
堂内には、スギ、ヒノキ、ナシ、ツツジなど自然木をそのまま使った 68 本の柱が林立し、山岳宗教の荒々しい雰囲気を漂わせている。3 体ある本尊の蔵王権現は高さ 7 メートルの巨大なもので、国内最大といわれる厨子に納められた秘仏となっている。

蔵王権現 (ざおうごんげん) は、仏教の仏でも神道の神でもない、日本独自の修験道の本尊である。究極不滅の真理を体現し、あらゆるものを司る王という位置づけで、仏、菩薩、諸尊、諸天善神、天神地祇すべての力を包括しているという中 2病的な本尊である。
修験道は中世末期以降、本山派と当山派に分かれ、天台宗系の本山派は主に熊野で活動、真言宗系の当山派は吉野を主な活動地とした。当時の金峯山寺は山上・山下に多くの子院と僧兵を抱えていた。
金峯山寺の軍事力を背景に、後醍醐天皇は南朝を興した

江戸時代に入ると、徳川家康の命令により天台宗の僧・天海が金峯山寺に入り、金峯山は天台宗(日光輪王寺)の傘下に置かれることとなった。

明治維新後、1872 年(明治 5 年)に修験道廃止例が発布され、1874 年(明治 7 年)に金峯山寺は廃寺に追い込まれた。だが、僧侶・修験道者らの嘆願により、1886 年(明治 19 年)に、天台宗修験派として修験道の再興が図られた。
鐘楼堂 - 金峯山寺
この日は大晦日。鐘楼堂において除夜の鐘をつくことができた。先着108 名は記念品を受け取ることができる。

上千本(標高600 メートル) にある重要文化財「三郎鐘」でも除夜の鐘をつくことができる。
威徳天満宮 - 金峯山寺
蔵王道の前庭には、菅原道真を祀った威徳天満宮 (いとくてんまんぐう) がある。平安時代の 959 年(天徳 3 年)の鎮座と伝えられており、現社殿は豊臣秀頼によるものとされている。
威徳天満宮 - 金峯山寺の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1382 Kbyte)
星空 - 金峯山寺
蔵王堂から西側へ下ると、脳天大神 (のうてんおおかみ) がある。蔵王権現の化身で、入試合格、学力向上、頭病平癒の御利益がある。吉野の脳天さんとして親しまれている。

吉野山は暗く、星空がよく見える。
星空 - 金峯山寺の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 323 Kbyte)
近鉄吉野駅 - 金峯山寺
吉野山へのアクセスは、近鉄吉野駅が便利だ。ここから徒歩 3 分で吉野大峯ケーブル「千本口駅」がある。ここからロープウェイに乗って吉野山駅まで 3 分。ロープウェイを降りたら、さらに徒歩 10 分で蔵王道に到着する。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:金峯山寺
金峯山寺 関連

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header