西暦1336年 - 南北朝時代はじまる

天皇家が北朝と南朝に分裂
後醍醐天皇
建武 3 年/延元元年(1336 年)11 月 2 日、湊川の戦い (みなとがわのたたかい) で足利軍の敗北した後醍醐天皇 (ごだいごてんのう) 三種の神器光明天皇 (こうみょうてんのう) に譲らざるを得なくなり、ここに建武の新政は終わりを告げる。
足利尊氏 (あしかがたかうじ) は、光厳上皇 (こうごんじょうこう) の院政の下、光明天皇を擁立し、11 月 7 日には建武式目 (けんむしきもく) を定め、幕府の基本方針を示した。
一方、後醍醐は 12 月に京を脱出して吉野へ逃れ、光明天皇に譲った三種の神器は偽物であり、自らが持っているものが本物であると称した。ここに天皇家は、光明天皇の北朝と後醍醐天皇の南朝に分裂し、元中 9 年/明徳 3 年(1392 年)に両王朝が合一するまでの時代を「南北朝時代」と呼ぶ。

鎌倉幕府が滅亡し、1333 年(元弘 3 年/正慶 2 年)6 月、天皇自らが政治を行う建武の新政をはじめた後醍醐天皇であったが、領主や武士団の不満を解消するには至らなかった。
当初は後醍醐天皇に味方して倒幕に協力した足利尊氏が離反すると、恩賞に不満をもった多くの武士がこれに従った。

建武 2 年(1335 年)11 月、後醍醐天皇は尊氏討伐軍の派遣を決めた。
新田義貞 (にったよしさだ) 楠木正成 (くすのきまさしげ) が討伐に加わるが、尊氏軍は善戦し、建武 3 年(1336 年)1 月、京都に攻め入る。ところが、北畠顕家 (きたばたけあきいえ) が朝廷軍に加わると京成は一気に逆転し、足利軍は九州へ敗走した。
尊氏は九州で兵を立て直し、後醍醐と対立する持明院統 (じみょういんとう) 光厳上皇 (こうごんじょうこう) から新田義貞討伐の院宣 (いんぜん) を取り付け、再び京都へ向けて進軍する。
建武 3 年/延元元年(1336 年)5 月 25 日、兵庫・湊川で足利軍と朝廷軍が衝突し、湊川の戦い (みなとがわのたたかい) が起きる。この戦いは足利軍の圧倒的な勝利で幕を閉じる。

この時代の世界

1275 1325 1375 1425 1475 1336 1392 南北朝時代 1288 1339 後醍醐天皇 1305 1358 足利尊氏 1306 1352 足利直義 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1294 1336 楠木正成 1301 1338 新田義貞 1313 1364 光厳天皇 1308 1335 護良親王 1333 鎌倉幕府滅亡 1303 1333 北条高時 1297 1348 花園天皇 1330 1367 足利義詮 1321 1380 光明天皇 1381 花の御所の完成 1358 1408 足利義満 1397 金閣建立 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1368 明の建国 1335 1408 李成桂 1377 1402 建文帝 1392 李成桂が即位 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1336 1405 ティムール 1370 ティムール帝国の成立 1360 1403 バヤズィト1世 1402 アンカラの戦い 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1336 1378 グレゴリウス11世 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1339 1453 百年戦争 1293 1350 フィリップ6世 1312 1377 エドワード3世 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1318 1389 ウルバヌス6世 1338 1380 シャルル5世 1342 1394 クレメンス7世 1313 1375 ボッカチオ 1304 1374 ペトラルカ 1340 1400 チョーサー Tooltip
(この項おわり)
header