D51形蒸気機関車の愛称は「デゴイチ」

総生産両数は1,115両
D51形蒸気機関車
2016年9月11日 碓氷峠鉄道文化むら 写真:こぱふぅ
D51 形蒸気機関車は、1940 年(昭和 15 年)にデビューしたテンダー式蒸気機関車で、「デゴイチ」の愛称で呼ばれる。
D51形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1856 Kbyte)
D51形蒸気機関車
2012年8月17日 碓氷峠鉄道文化むら 写真:こぱふぅ
単一形式としては日本で最も量産された蒸気機関車で、総生産両数は 1,115 両を誇る。これは、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた機関車の単一生産両数では日本最大の記録となっており、2007 年(平成 19 年)現在、破られていない。
D51形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 660 Kbyte)
D51形蒸気機関車
2012年8月17日 碓氷峠鉄道文化むら 写真:こぱふぅ
当初は貨物用として製造されたが、旅客列車も牽引する。
その後、重油併燃装置を付加、集煙装置の改良を重ね、煙突後ろのドーム(砂箱と蒸気溜めが入っている)を長く伸ばしたタイプは特に「ナメクジ」と呼ばれた。
D51形蒸気機関車
2008年7月12日 青梅鉄道公園 写真:こぱふぅ
D51 の設計主任で、戦後は新幹線開発やロケット開発に携わった島秀雄 (しまひでお) は「多くの形式の設計を手掛けた中でも、一番の会心作」と語っている。

出力 1,280ps、最高速度は 85km/h。全長19.7m、自重125.1t。
写真の D51 96 は、1938 年(昭和 13 年)3 月に製造、1976 年(昭和 51 年)3 月に廃車となった。

ぱふぅ家が出会った D51形蒸気機関車

D51形蒸気機関車 関連
(この項おわり)
header