鉄道博物館とC57形式蒸気機関車

2008年6月23日 撮影
鉄道博物館
鉄道博物館(通称:てっぱく)(埼玉県さいたま市大宮区大成町3 丁目47番)は、JR 東日本創立20 周年記念事業として、2007 年(平成 19 年)10 月 14 日(鉄道の日)にオープンした。2006 年(平成 18 年)5 月 14 日に閉館した交通博物館に替わる博物館である。
建物は地上 3階建て。蒸気機関車C57 など実物の 36車両を含め、約 200 平方メートルの鉄道模型のジオラマや 5種類の運転シミュレーターなど、合計約 58 万点を収蔵している。また、屋上からは新幹線や埼玉新都市交通「ニューシャトル」が一望できる。
プロムナード-鉄道博物館
ニューシャトル「鉄道博物館駅」から鉄道博物館正面玄関に至るプロムナードは、天井にはダイヤグラムを、床には時刻表をもしたデザインが施されている。
プロムナード-鉄道博物館
ミニ運転列車に乗るため 1 時間前から並んだ。この日は平日にもかかわらず、すでに行列ができていた。
2008 年(平成 20 年)3 月には、入場者数が当初見込みの 60 万人を大幅に上回る 100 万人に達した。土日には 1 万人、平日でも 4 千人の入場者があるという。旧・交通博物館とは大きな違いだ。
プロムナード-鉄道博物館
プロムナードの壁面は、旧・交通博物館の壁を模している。

Suicaがあれば、チケットレスで入場できる。
日本食堂-鉄道博物館
お馴染みの日本食堂で昼食をとる。

日本食堂は、1938 年(昭和 13 年)、列車食堂を営業していた伯養軒(仙台)、駅構内で食堂などを経営していた精養軒(上野)、東松亭(大阪、現・水了軒)、みかど(神戸)、東洋軒、共進亭が共同で設立した会社である。1990 年(平成 2 年)に JR 東日本が資本参加し、株式会社日本食堂調理センターが発足した。
そして、1998 年(平成 10 年)に、現在の株式会社日本レストランエンタープライズ(NRE)に社名変更した。

C57形式蒸気機関車

C57形式蒸気機関車-鉄道博物館
1階の中央にはC57 形式蒸気機関車C57135(1940 年製造)が展示されている。

機関車の重量は 67.5 トン――E233 系電車の 1 両あたり平均重量30 トンと比べると倍以上の重量だ。
また、動輪の直径は 1750 ミリと、国内最大級。鉄道博物館のシンボルマークは、この動輪をイメージさせる。
C57形式蒸気機関車-鉄道博物館
この機関車が載っている転車台は、1 日に一度、汽笛を鳴らしながら回転実演を行う。

150形蒸気機関車(1号機関車)-鉄道博物館
150 形蒸気機関車は、1872 年(明治 5 年)にイギリスから輸入された日本初の蒸気機関車だ。1 号機関車とも呼ばれ、国の重要文化財に指定されている。

1911 年(明治 44 年)、島原鉄道の開業のために長崎へ渡った。
その後、1930 年(昭和 5 年)に鉄道省に戻された。このとき、島原鉄道の創業者である植木元太郎社長は、創業期に功績のあった機関車への感謝の念を込め「惜別感無量」と記した自筆のプレートを側水槽に装着させた。このプレートは現在でも装着されている。
国鉄40系電車(クモハ40)-鉄道博物館
国鉄40 系電車(クモハ 40)は、1932 年(昭和 7 年)にデビューした鉄道省が製造した通勤電車である。
寝台特急あさかぜ(20系客車)-鉄道博物館
寝台特急あさかぜは、1956 年(昭和 31 年)、東京~博多で運転開始した日本初の寝台特急だ。この20 系客車は、走るホテルとして一世を風靡した。
1986 年(昭和 61 年)に定期運行を廃止し、1998 年(平成 10 年)に全車廃車となった。
0系新幹線-鉄道博物館
新幹線といえば、1964 年(昭和 39 年)に登場した「夢の超特急」0 系電車である。
これは、旧・交通博物館の玄関に展示されていたものだ。

0 系新幹線は、2008 年(平成 20 年)12 月 14 日、R61編制がラストランを行い、その長い歴史に幕を下ろした。
2009 年(平成 21 年)10 月より、鉄道博物館・ヒストリーゾーンにおいて、最初に量産された 360 両の中の 1 つである「21-2」が展示されることになった。⇒プレスリリース
展示棟では、新幹線開業当時のホームを再現した見学ホームを設置。車両の中に入って見学できるほか、車両の床下機器や台車なども見られる構造をする。また、車両前方にスペースを設け、正面のダンゴ鼻と記念撮影ができるようになるという。
0系新幹線-鉄道博物館
新幹線のレールの幅(ゲージ)は 1,435 ミリと、JR で一般的な 1,067 ミリに比べてかなり広い。京王線の 1,372 ミリより広い。
こぱふぅは、JR 東海・浜松工場で同様のチャレンジを行ってから 5 年――まだ届かないのであって。

D51-鉄道博物館
鉄道博物館のエントランスには、0 系と並んで旧・交通博物館の玄関に展示されていたD51 形蒸気機関車が展示されており、記念写真を撮影できるようになっている。
なかよし号-鉄道博物館
国鉄時代のホーム-鉄道博物館
国鉄時代のホームを再現したもの。
昔は灰皿や水飲み場があった。

2009 年(平成 21 年)1 月、JR 東海は、3 月中旬から在来線全駅のホームにある喫煙所を撤去し、全面禁煙化にすると発表した。2003 年(平成 15 年)5 月の健康増進法施行を受けたもので、全駅を禁煙にするのは JR 各社では東海が初めて。時代は変わった。

ミニ車両運転

ミニ車両運転-鉄道博物館
この日の目的はミニ車両運転。運転できるのは小学生以上だ。
入場券を買ったら、玄関近くにある自動予約機でミニ車両運転の予約を行う。午前の部と午後の部があるが、すぐに予約で埋まってしまう人気のアトラクションだ。
ミニ車両運転-鉄道博物館
ミニ電車は、長さ約 2.4m、幅約 1.2mの 3 人乗り。1 周約 300mの軌道を 6 分かけて回る。自力で運転するのだが、ATS-P や ATC を備え、運転司令室のモニターに運行状況が表示される本格派だ。速度超過が自動制御されるほか、複数の電車を運行した際、衝突を防ぐことができる。
ミニ車両運転-鉄道博物館

交通アクセス

【鉄道】
  • JR 大宮駅よりニューシャトルに乗り換え「鉄道博物館駅」下車、徒歩 1 分

近隣の情報

参考サイト

鉄道博物館 関連

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header