西暦64年 - ローマ大火

キリスト教徒弾圧
ローマ大火
西暦 64 年 7 月、人口 100 万を数える首都ローマ市 14 区のうち 3 分の 2 にあたる 10 区を焼いた大火事が起きる。完全に鎮火するまで 6 日 7 晩かかったという。

皇帝ネロは陣頭指揮を執り、放火の罪でキリスト教徒を処刑した。この処刑がローマ帝国による最初のキリスト教徒弾圧とされている。
-125 -25 75 175 64 ローマ大火 37 68 ネロ 96 五賢帝時代はじまる 53 117 トラヤヌス 121 180 マルクス・アウレリウス・アントニヌス 28 イエス・キリストの処刑 -4 28 イエス・キリスト -82 -30 アントニウス -49 カエサルがルビコン川を渡る -69 -30 クレオパトラ -27 ローマの帝政はじまる -63 14 オクタビアヌス -73 -4 ヘロデ 57 倭の奴国王が後漢から金印を受け取る -6 57 光武帝 184 黄巾の乱 140 184 張角 Tooltip
(この項おわり)
header