東武博物館と5号機関車

2003年12月28日 撮影
5号機関車 - 東武博物館
東武博物館(東京都墨田区東向島 4 丁目28−16)を訪れた。

写真は、東武鉄道が 1899 年(明治 32 年)開業の際、英国べヤーピーコック社から購入した蒸気機関車12 両のうちの 1 両(5 号機関車)である。全長14.2 メートル、重量31.4 トン。
デハ1形5号電車 - 東武博物館
デハ 1 形 5 号電車の車内――東武鉄道が 1924 年(大正 13 年)10 月 1 日に浅草(現・業平橋)~西新井間を電化した時に走った木造電車である。日本車輌が製造した。
キャブオーバーバス - 東武博物館
キャブオーバーバスは、ボンネットバスの車体を前の方まで伸ばし、運転席をエンジンの横に配置したものである。客室面積が拡がり輸送力が増大することができた。

展示されているのは、1951 年(昭和 26 年)に製造された TN714 型 1625 号。富士重工業が製造し、エンジンは日産のものを搭載している。
自動改札機 - 東武博物館
子どもたちは自動改札機を何度も何度も繰り返し通り抜ける。
ドイツの鉄道模型ジオラマ - 東武博物館
ドイツの鉄道模型ジオラマ(幅 5.4 メートル、奥行き 2.4 メートル)は、バーデン駅や機関庫、名所、旧跡など精巧に作られた 150 分の 1 の模型で、N ゲージ(縮尺 160 分の 1)が走る。なぜか東武特急「りょうもう(200 系)が走っている。

大パノラマ - 東武博物館
1階には、関東平野をイメージした横 14 メートル、奥行き 7 メートルの大パノラマがある。コンピュータ制御された約 120 両の模型電車(HO ゲージ)が走る。
明智平ロープウェイ - 東武博物館
明智平ロープウェイのゴンドラ。

交通アクセス

【鉄道】
  • 東武伊勢崎線「東向島駅」下車、駅のとなり。
【バス】
  • 都営バス草39 系統「向島消防署前」下車、徒歩約 3 分
  • 都営バス里22 系統「百花園前」下車、徒歩約 7 分
東武鉄道 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header