ノシャップ寒流水族館は日本最北の水族館

2013年8月16日 撮影
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
ノシャップ寒流水族館(北海道稚内市ノシャップ 2 丁目2-17)は、ノシャップ岬の近くにある日本最北の水族館で、寒流に生息する海生物を中心に、120種約 3,000 点もの海の生き物を飼育している。
ノシャップ寒流水族館の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 357 Kbyte)
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
開館時間が季節によって異なることと、開館日も年によって異なることに注意。
ノシャップ寒流水族館
2017年2月20日 撮影
2017 年(平成 29 年)2 月 20 日の厳冬期に再訪した。
観光客はほとんどいないが、休館となるのは 12 月 26 日から翌年 1 月 31 日、4 月 1 日から 28 日の間だけという
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
受付を抜けると、夕方だったせいもあり飼育員はおらず、入場者もほとんどなく閑散としているなか、ペンギンとアザラシの赤ちゃんが愛嬌を振りまいていた。
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
カメラ目線を送ってくるアザラシの赤ちゃん。
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
ノシャップ寒流水族館
アザラシ池 - ノシャップ寒流水族館
2017年2月20日 撮影
冬場になるとアザラシ池は流氷のようで、アザラシが気持ちのよさそうな顔をしている。
アザラシ池 - ノシャップ寒流水族館の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1559 Kbyte)
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
北の海といえばクリオネ。
正式名称はハダカカメガイで、巻貝の仲間である。
クリオネ - ノシャップ寒流水族館
2017年2月20日 撮影
水族館で飼育されているクリオネの体長は、せいぜい 2 センチであるが、2017 年(平成 29 年)は 3.5 センチのものが 4 匹も育った。
クリオネは生態がほとんど解明されておらず、平均的な大きさがどのくらいになるのかも分かっていないという。
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
ミズダコ、ニシンなど、稚内の漁業を支える海生物も展示されている。
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
旭山動物園を上回るスター不在の水族館であるが、そんなノンビリしているところが北海道らしくていい。
ノシャップ寒流水族館
2013年8月16日 撮影
1 周 45 メートル、水量90 トンの回遊水槽では、「まぼろしの魚」イトウをはじめ、ソイ、カレイ、ホッケ、オオカミウオなどの魚群が様々な生態を見せながら泳いでいる。

交通アクセス

【バス】
  • 稚内駅からバスで 15 分。
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:ノシャップ岬

近隣の情報

稚内駅付近でネットができる宿

(この項おわり)
header