柳川で川下りした後は名物せいろ蒸し

2014年10月18日 撮影
柳川で川下り
福岡県柳川市を網の目のようにめぐる水路(掘割)の総延長は 930km もある。
戦国時代の領主、蒲池鑑盛 (かまちあきもり) が柳川城の防御として開発し、関ヶ原の戦いで柳川に封じられた田中吉政 (たなかよしまさ) によって整備された。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 3138 Kbyte)
柳川で川下り
掘割をめぐる川下りは、複数の会社が営業しており、いずれもどんこ舟と呼ばれる喫水が極端に浅い船に乗り込む。船頭さんの竿さばきで、船はゆっくりと掘割を進む。約 70 分の船旅である。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2964 Kbyte)
船頭さんが柳川にまつわる様々なエピソードを語ってくれたり、自慢の喉で歌ってくれ、都会の喧噪を離れ、充実した 70 分の船旅となった。
柳川で川下り
両岸には、しだれ柳が連なっている。

ヤナギの仲間はすべて雌雄異株で、シダレヤナギの雄株は枝が長く下垂し、長いものでは 3 メートルを超える。一方、雌株の方はあまり伸びず、せいぜい 1 メートルどまりである。
このように花を見なくても雌雄の別がよくわかるものを、雌雄二型という。
柳川で川下り
しだれ柳だけでなく、松などが植わっているところもある。

柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2680 Kbyte)
柳川で川下り
コースの途中には水上売店がある。船頭さんが舟を横につけてくれるので、ドリンクやアイスを買おう。トイレもある。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(1920×1444 ピクセル, 1903 Kbyte)
柳川で川下り
写真は柳川城堀水門。城の外堀・内堀に出入りできる水路は、この水門をおいて他にないという。径間2.6 メートル、全長15.7 メートル、高さ 3.8 メートルという狭い水門を、船頭さんは巧みに船を操りくぐり抜けてゆく。
石垣の加工精度は非常に高く、現在でも年に 1 回水門を閉じて、川底の掃除をするのに使っているとのこと。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(1920×1453 ピクセル, 1541 Kbyte)
柳川で川下り
こちらは石橋。

堀割は、毎年 1 回、川底の日光消毒と清掃を兼ねて、堀の水をすべて抜く通称「水落ち」を行う。このため、運河にありがちな臭いはしない。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1890 Kbyte)
柳川で川下り
堀割を整備した田中吉政 (たなかよしまさ) の銅像。

元は豊臣秀次の家老であったが、関ヶ原の戦いでは東軍に与し、石田三成を捕らえた。この勲功が認められ、筑後国柳川城 32 万石を与えられ、国持ち大名となった。
吉政は、掘割を整備することで水運や稲作のための用水路を整備し、近代的な街作りを敢行した。陸路や堤防も整備したほか、有明海の干拓も行った。

浄土系宗派の仏教徒だったが、キリスト教に対して寛容で、西洋の知識を積極的に取り込んだ。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(1073×1920 ピクセル, 1898 Kbyte)
柳川で川下り
柳川は、詩人・北原白秋の聖地である。堀割の両岸には、白秋の詩碑が点在する。
造り酒屋であった白秋の生家は、1969 年(昭和 44 年)に復元され、北原白秋記念館となっている。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(1920×1717 ピクセル, 2291 Kbyte)
柳川で川下り
写真の蜘蛛手網は、有明海沿岸に古くから伝わる漁法で、網がちょうど川幅と同じ長さに作られており、一晩浸けておく。翌朝には魚やウナギが網の中に入っているという仕組みである。
この蜘蛛手網とその仕掛けは観光用で、実際には使われていないとのこと。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2239 Kbyte)
柳川で川下り
柳川市立藤吉小学校――柳川城を意識した独特のデザインの校舎。
柳川で川下り
柳川高等学校――ゴルフや野球、テニスの強豪校として知られており、プロテニスプレイヤーの松岡修造が編入したことでも有名。
柳川で川下り
三柱神社の松の木。
三柱神社は、「西国一の強者」と称された百戦錬磨の武将、初代柳川藩主・立花宗茂、岳父・戸次道雪、宗茂室・誾千代姫の三神を祀っている。

三柱神社の隣に、後述する立花氏庭園がある。

立花氏庭園

立花氏庭園 - 柳川で川下り
立花氏庭園(福岡県柳川市新外町1)は、江戸時代に藩主・立花家の別邸だった御花 (おはな) に、明治期に屋敷建物や庭園が造築されたものである。1978 年(昭和 53 年)に西半分が国の名勝に指定され、2011 年(平成 23 年)に残りが追加指定を受け、屋敷全域が「立花氏庭園」として国指定名勝となった。
立花氏庭園 - 柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(2560×1790 ピクセル, 2110 Kbyte)
柳川で川下り
写真の西洋館は明治 43 年頃に完成したもので、この前庭と、掘割の水を引き入れた大広間南庭からなる、

とくに南庭は仙台の松島を模したものといわれ、松濤園の名称で親しまれている。
松濤園は城堀の水を引き入れた池泉を中心とし、池中には石組みによる小島が多く配され、池の周囲は約 380 本の古松により立体化されている。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1746 Kbyte)

うなぎ屋本店

柳川で川下り
柳川で食事というとウナギが有名。写真はうなぎ屋本店(福岡県柳川市城隈町22-4)。

名物せいろ蒸しは、焼き飯にウナギが盛りつけられており、各店秘伝の焼き方や蒸し方、味付けで腕を競っている。鰻重とは異なりあっさりとした食感である。
柳川で川下りの大きな写真大きな写真
(2560×1689 ピクセル, 2015 Kbyte)
柳川 ウナギ 関連

交通アクセス

【鉄道】
  • 西鉄柳川駅からバスで 15〜20 分、タクシーで 10 分
【自動車】
  • 九州自動車道「みやま柳川 I.C.」から、三橋瀬高バイパス(国道443 号線)を経て 30 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:立花氏庭園

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header