金沢城の石垣と三御門

2015年10月2日 撮影
金沢城公園 - 金沢城
大きな写真大きな写真
(2560×822 ピクセル, 772 Kbyte)
石川門 - 金沢城
金沢城(石川県金沢市丸の内 1番1 号)は、天正 11 年(1583 年)、前田利家 (まえだとしいえ) により本格的な建城が行われ、明治に入るまで加賀百万石のシンボルであった。城跡は整備され、1996 年(平成 8 年)より金沢城公園として一般に公開されている。

写真の石川門兼六園に向いており、金沢城の裏口にあたる。天明 8 年(1788 年)に再建された。国の重要文化財に指定されている。
夜間はライトアップされる。
石川門 - 金沢城の大きな写真大きな写真
(1952×2560 ピクセル, 1831 Kbyte)
石川門 - 金沢城
高麗門の一の門、櫓門の二の門、続櫓と 2 層 2階建ての石川櫓が複雑な並びを成し、敵が侵入してきたときに進軍の勢いを鈍らせる目的で設けられた枡形門である。
白く見える屋根瓦には鉛を使用しており、有事の際には解かして鉄砲弾に作り替えることができたと言われている。

石川門 - 金沢城
内側から二の門を見ると、立派な木造の梁を見ることができる。

2006 年(平成 18 年)から 2013 年にかけ保存修理が行われた。
石川門 - 金沢城
一の門を入ると、石垣が見える。
外から入ると、正面が切り込みハギ積み、左側は打ち込みハギになっている。
この石垣は明和 2 年(1765 年)の改修時のものであるが、左右で積み方が異なるのは奇妙である。

一般には切り込みハギの方が新しい技法で、石が隙間なく積まれているだけでなく、表面もノミで削って平らにしてある。これは、石垣本来の機能には関係のない装飾である。切込ハギは権威の象徴でもある。
橋爪門 - 金沢城
天守閣を持たない金沢城では、二の丸が政治の中枢を担っていた。この二の丸の正門が橋爪門である。高麗門形式の一の門、石垣と二重堀で囲まれた枡形、櫓門の二の門から成る。
また、橋爪門続櫓は、 三の丸広場から橋爪橋を渡り橋爪門を通って二の丸へ向かう人々を監視するための施設だった。

石川門河北門とともに「三御門」と呼ばれる。
1881 年(明治 14 年)に焼失したが、2001 年(平成 13 年)から 2015 年にかけ、文化 6 年(1809 年)に再建された際の姿で復元された。金沢城内で最も格式の高い門である。
橋爪門 - 金沢城の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 863 Kbyte)
橋爪門 - 金沢城
橋爪門は、柱と梁などの接合部分に釘などの金物を用いない、日本古来の木造軸組工法を用いている。再建に際しては全て国内産材を用い、うち半数に能登ヒバや杉等の石川県産の木材が使われている。
金沢城
この地は加賀一向一揆の拠点で、浄土真宗の寺院である尾山御坊 (おやまごぼう) であった。寺とはいえ、石垣をめぐらせた要塞のようなものであった。
金沢城の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1406 Kbyte)
織田信長が一揆を攻め落とし、跡地に金沢城を築いて佐久間盛政を置いた。後に盛政が賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉により討たれると、秀吉は金沢城を前田利家に与えた。
利家は文禄元年(1592 年)から改修工事を始め、曲輪や堀の拡張、5重の天守や櫓を建て並べた。

交通アクセス

【鉄道+バス】
  • 金沢駅前バス乗り場の東口 3番、西口 5番で乗車(約 13 分)「兼六園下・金沢城」バス停下車後、徒歩 2 分
  • レトロバス「城下まち金沢周遊」号
【自動車】
  • 北陸自動車道「金沢西I.C.」から約 30 分
  • 北陸自動車道「金沢東 I.C.」から約 30 分
  • 北陸自動車道「金沢森本 I.C.」から約 20 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:金沢城

参考サイト

金沢城 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header