ニッカウヰスキー余市蒸溜所とマッサン

2014年8月20日 撮影
正門 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
ニッカウヰスキー 余市蒸溜所(北海道余市町黒川町7-6)は、ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝 (たけつるまさたか) によって、1934 年(昭和 9 年)に建設された。赤い屋根が特徴の乾燥棟(キルン塔)や蒸留棟、旧竹鶴邸など 9 棟の建造物が登録有形文化財として認定されている。

竹鶴政孝は、2014 年(平成 26 年)9 月から放映中の NHK 朝の連続テレビ小説「マッサン」のモデルとなった人物である。

写真は石造りの正門。トランプのキングを思い起こさせる重厚な造りだ。
正門 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所の大きな写真大きな写真
(1778×2560 ピクセル, 1455 Kbyte)
正門 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
竹鶴政孝は 1894 年(明治 27 年)、広島県の酒造業・製塩業を営む竹鶴家の三男と生まれた。大阪市の摂津酒造に入社し、本格的なウイスキー造りを学ぶためにスコットランドに留学する。留学中にジェシー・ロバータ・カウンと結婚し、帰国すると大阪の寿屋(現在のサントリー)に破格の待遇で採用される。
貯蔵庫 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
寿屋の社長、鳥井信治郎は流通の便を考えて山崎に工場を設け、1924 年(大正 13 年)、竹鶴は工場長に就任する。しかし、鳥井との方針の違いから、竹鶴は 1934 年(昭和 9 年)に寿屋を退職する。
貯蔵庫 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 3335 Kbyte)
しかし、鳥井との方針の違いから、竹鶴は 1934 年(昭和 9 年)に寿屋を退職する。
竹鶴政孝がその生涯をかけて目指した「本物のウイスキーづくり」の手本は、スコッチウイスキーだった。その目標に近づくために、スコットランドにできるだけ近い気候風土を備えた余市を選んだ。
旧事務所 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
旧事務所は、竹鶴政孝の事務所として 1934 年(昭和 9 年)7 月に建設された、わずか 16 坪の小さな建物だ。

ウイスキーは蒸溜した原酒を長い年月寝かせ、熟成を待たなければならない。竹鶴は 10 月に農家から大量の林檎を買い付け、割砕機で砕いて、圧搾機で搾った。ウイスキーができるまで、りんごジュースを売って会社を支えようとしたのである。
旧事務所 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所の大きな写真大きな写真
(1939×2560 ピクセル, 1492 Kbyte)
旧事務所 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
旧事務所の右奥には、創業当時の大日本果汁株式会社という社名が入った金庫がある。つい最近まで現役だったという。
この社名を略して名付けられたニッカウヰスキーが誕生するのは、会社設立から 6 年後の 1940 年(昭和 15 年)10 月のことである。
旧事務所 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所の大きな写真大きな写真
(1600×1067 ピクセル, 1107 Kbyte)
乾燥棟 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
乾燥棟(キルン塔)は赤い屋根が特徴で、「パゴタ屋根」とも呼ばれ、蒸留所のシンボルになっている。

乾燥棟の内部は大きなかまどのような構造になっており、ヨシなどが堆積して炭化したビートを大麦をいぶしながら乾燥させ、発芽を止めてモルトが作られる。ウイスキーにビート香をつける大切なプロセスで、現在は隣の第二乾燥棟でこの作業が行われている。
蒸留棟 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
蒸留棟の中に並ぶポットスチル。伝統的な石炭直火焚き蒸留で 2 回蒸留し、アルコールを取り出す。

しめ縄が飾られているところが日本らしい。
蒸留棟 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所の大きな写真大きな写真
(1600×1067 ピクセル, 544 Kbyte)
職人が 15 分ごとに石炭をくべて、もろみの温度を保つ蒸留方法は温度調節が難しく、熟練の技が必要。現在でもこの方法で温度を管理しているのは、余市蒸留所だけという。
蒸留してできたウイスキー原酒は、アルコール度数 65%程度で無色透明。樽に詰め、貯蔵、熟成させると琥珀色になる
ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
1 号貯蔵庫に積まれたウイスキー樽。適度な湿度が保たれるように床は土のままだ。
夏でも冷気が保てるように壁は石造りで設計されている。
ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
樽の中の原酒は少しずつ熟成が進み、20 年で約半分が蒸発。これは一般的に「エンジェルシェア」(天使の分け前)と言われている。
現在、26 の貯蔵庫がある(北海道余
ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
1998 年(平成 10 年)4 月、貯蔵庫を改装し、「ウイスキー館」と「ニッカ館」から成るウイスキー博物館が誕生した。

ウイスキー館の入口では、。ブラックニッカのラベルに描かれているヒゲの男性が出迎える。
彼は、いくつものウイスキーの香りを嗅ぎ分けることができるブレンドの名人「キング・オブ・ブレンダ―ズ」と呼ばれた英国人がモデルとされる。片手に大麦を持ち、鼻にグラスを近づけている。
ニッカウヰスキー 余市蒸溜所の大きな写真大きな写真
(1600×1980 ピクセル, 1810 Kbyte)
JR余市駅 - ニッカウヰスキー 余市蒸溜所
最寄り駅となる JR 余市駅には、ニッカウヰスキーの樽が並べられている。

ニッカ「竹鶴」が絶好調

前述のように、NHK 朝の連続テレビ小説「マッサン」効果で、今年 1~8 月の国産ウイスキー売り上げが前年同期比の 7%増となった。なかでもニッカウヰスキーの「竹鶴」ブランドは 39%増と絶好調だ。親会社のアサヒビールも喜びを隠さない。
ニッカの柏工場は休日返上のフル稼働状態だが注文に応じきれず、10 月以降の出荷量を調整せざるを得ないという。
ニッカでは、ウイスキーの原酒は今のところ在庫でまかなえているが、来年以降に備えて今年は前年より 1 割ほど増産する。ただ「販売が落ち着く可能性もある」として大規模な投資は計画していないという。ウイスキーブームがどの程度定着するか、来年春のドラマ終了以降に見極めることになりそうだ。

一方、マッサンの古巣であるサントリーは、国産ウイスキー第1 号「白札」(1929 年発売)の復刻版を発売。「竹鶴さん(のニッカ)が初の国産ウイスキーを作ったと思われないよう頑張りたい」と意気込む。

樽管理システムを刷新

2015 年(平成 27 年)2 月、ウイスキーの原酒を詰めた樽を管理するシステムを約 20 年ぶりに刷新。

1990 年代以降、余市蒸溜所など 4 工場計10 万個以上の樽をホストコンピューターで管理してきた。原酒は、樽ごとに味や香りが微妙に違い、細かな履歴の管理が欠かせない。管理データは、樽の材質や原産国、大きさ、原酒の検査履歴など、ひとつの樽だけで数百項目にのぼる。

システムを管理する IT 大手の伊藤忠テクノソリューションズでは、古いコンピューターでの管理のノウハウを引き継ぐのが課題だった。新しいシステムは一般的な OS を採用し、機能の追加もしやすくした。技術者の負担が減り、運用にかかる費用も半分ほどで済むという。
ニッカウヰスキー 余市蒸溜所 関連

参考サイト

参考書籍

表紙 マッサンとリタ――ジャパニーズ・ウイスキーの誕生
著者 オリーヴ・チェックランド/和気洋子
出版社 NHK出版
サイズ 単行本
発売日 2014年08月
価格 2,160円(税込)
rakuten
ISBN 9784140816561
日本とスコッチはこうして出会った。本場スコットランドからウイスキーづくりの技術を持ち帰った男・竹鶴政孝。そして、かの地で運命的に出会い、彼を支え続けた妻・リタ。スコットランド蒸留所修業、猛反対された国際結婚、北の大地・余市での独立。戦時中、外国人妻としてのリタの奮闘…。夫妻の波乱の生涯を俯瞰。NHK連続テレビ小説「マッサン」夫妻の足跡を、英国人研究者が丹念に辿るノンフィクション。
 
表紙 978-4140816561
著者 川又一英
出版社 新潮社
サイズ 文庫
発売日 2014年06月27日
価格 723円(税込)
rakuten
ISBN 9784101428024
いつの日か、この日本で本物のウイスキーを造るー。大正7年、ひとりの日本人青年が単身スコットランドに渡った。竹鶴政孝、24歳。異国の地で、ウイスキー造りを学ぶ彼はやがて生涯の伴侶となる女性リタと出会う。周囲の反対を押し切って結婚した二人。竹鶴は度重なる苦難にも負けず夢を追い、リタは夫を支え続けた。“日本のウイスキーの父”の情熱と夫婦の絆を描く。
 
表紙 「マッサン」と呼ばれた男 竹鶴政孝物語
著者
出版社 産經新聞出版
サイズ ムックその他
発売日 2014年09月
価格 1,188円(税込)
rakuten
ISBN 9784819150859
 
表紙 リタの鐘がなる 竹鶴政孝を支えたスコットランド女性の生涯
著者 早瀬利之
出版社 朝日新聞出版
サイズ 文庫
発売日 2014年09月
価格 648円(税込)
rakuten
ISBN 9784022647467
スコットランドの田舎で暮らしていたリタは、日本からウイスキー造りを学びに来た留学生・竹鶴政孝と恋をして結ばれる。竹鶴の人生は苦労の連続だったが、リタは「あなたのウイスキーが必ず喜ばれるときがくる」と、折れそうになる夫を励まし続けた。一人の女性の純愛物語。
 
表紙 琥珀色の夢を見る 竹鶴政孝とリタ ニッカウヰスキー物語
著者 松尾秀助
出版社 朝日新聞出版
サイズ 文庫
発売日 2014年09月
価格 648円(税込)
rakuten
ISBN 9784022618085
イミテーションではダメなんだ。日本人に本物のウイスキーを飲んでほしい。その思いを胸に24歳の竹鶴政孝は、スコットランドに留学する。最愛の妻となるリタと知り合い、帰国後はニッカウヰスキーを創業するが、試行錯誤の連続だった。竹鶴を支えたリタや従業員の物語。
 

交通アクセス

【鉄道】
  • JR 余市駅から徒歩 3 分
【バス】
  • 小樽からバスで約 1 時間30 分
【自動車】
  • 札幌市内から約 1 時間
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:ニッカウヰスキー 余市蒸溜所

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header