西暦360年 - 聖ソフィア大聖堂の建立

基督教会からモスクを経て博物館へ
聖ソフィア大聖堂
ローマ皇帝コンスタンティヌス 2 世は、西暦 350 年、首都コンスタンティノープルに聖ソフィア大聖堂の建設に着手する。コンスタンティヌス 2 世はキリスト教を優遇しており、360 年に完成した聖堂は、木造屋根を備えたバシリカだった。

その後、2 度の焼失を経た後、537 年にユスティニアヌス帝による再建の際、高さ 41.5 メートルの石造りのドームを備えた。
1453 年、コンスタンティノープルはオスマン帝国のメフメト 2 世によって陥落し、聖ソフィア聖堂もモスクに改造された。

1935 年(昭和 10 年)、トルコ共和国は博物館として公開した。
1985 年(昭和 60 年)、イスタンブール歴史地域の一部としてユネスコ世界遺産に登録された。
225 275 325 375 425 475 360 聖ソフィア大聖堂の建立 317 361 コンスタンティヌス2世 272 337 コンスタンティヌス1世 347 395 テオドシウス1世 354 430 アウグスティヌス 395 ローマ帝国の分裂 381 451 ネストリウス 406 453 アッティラ 451 カタラウヌムの戦い 375 ゲルマン民族の大移動はじまる 313 ミラノ勅令 325 ニケーア公会議 381 コンスタンティノープル公会議 307 365 王義之 304 439 五胡十六国時代 344 405 顧愷之 337 422 法顕 356 422 劉裕 365 448 寇謙之 439 南北朝時代(中国)はじまる 320 チャンドラグプタ1世が即位 290 335 チャンドラグプタ1世 370 414 チャンドラグプタ2世 Tooltip
(この項おわり)
header