西暦843年 - ヴェルダン条約

フランク王国が3分割
ヴェルダン条約によるフランク王国の分割
843 年、フランク王ルートウィヒ 1 世(ルイ 1 世)の死後、ロタール、ルートウィヒ 2 世、シャルル 2 世の 3 人の息子が争うが、フランク王国を三分割するヴェルダン条約を結んだ。これが、フランス・ドイツ・イタリア 3 国の形成の出発点となった。
カール大帝の跡を継いだルートウィヒ 1 世(ルイ 1 世)は、子どもたちに分割相続するというフランク族の慣習に従い、長男ロタールには王国本土を、次男ピピンと三男ルートヴィヒ にはそれぞれアクィタニアとバイエルンとを与える分割統治案を定めた。ところが、832 年、末弟カールが産まれると、彼にも領土を与えることを決めた。
3 人の兄たちは分割相続分が削られることに腹を立て、父王への反乱を企てる。
そんな中、838 年にピピンが死去した。さらに、840 年にルートウィヒ 1 世が死去すると、領土をめぐる兄弟の対立は激化した。
最終的に、ロタール、ルイ 2 世、シャルル 2 世は、フランク王国を三分割するヴェルダン条約を結んだ。

ロタールは中部フランク及びイタリア北部、それに西ローマ帝国皇帝の位を獲得。皇帝ロタール 1 世を名乗るが、宗主権は失った。またルートヴィヒは東フランク王国を獲得して国王ルートウィヒ 2 世(ルイ 2 世,ドイツ人王)を、カールは西フランク王国を獲得して国王シャルル 2 世(カール 2 世,禿頭王)を名乗った。

ロタールの死後、再び領土問題が起こり、870 年のメルセン条約が結ばれる。
725 775 825 875 925 975 843 ヴェルダン条約 778 840 ルートウィヒ1世 795 855 ロタール1世 804 876 ルートウィヒ2世 823 877 シャルル2世 870 メルセン条約 800 カールの戴冠 793 ヴァイキングがイングランドへ侵入 794 平安京へ遷都 774 824 平城天皇 802 坂上田村麻呂が東国を平定 774 835 空海 804 最澄、空海が唐へ 836 891 藤原基経 845 903 菅原道真 871 909 藤原時平 867 931 宇多天皇 901 菅原道真、太宰府へ左遷 840 884 黄巣 852 912 朱全忠 875 884 黄巣の乱 907 唐が滅ぶ 780 850 フワーリズミー 793 ヴァイキングがイングランドへ侵入 Tooltip

参考サイト

(この項おわり)
header