宗谷岬は日本最北端の地

2013年8月16日 撮影
宗谷岬
宗谷岬(北海道稚内市宗谷村宗谷岬)は、岬と呼ぶような海に突出した地形はないが、北緯45 度 31 分 22秒・東経141 度 56 分 11秒に「日本最北端の地」を示す記念碑がある。
宗谷岬の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 633 Kbyte)
宗谷岬
記念碑は、北極星の一稜をモチーフに、中央には北を示す「N」、台座の円形は「平和と協調」をあらわしている。
宗谷岬の大きな写真大きな写真
(1920×1299 ピクセル, 462 Kbyte)
宗谷岬
記念碑は、以前はもう少し南にあったが、駐車場建設のために海岸を埋め立てたために 1988 年(昭和 63 年)に移設された。
宗谷岬の大きな写真大きな写真
(1727×2560 ピクセル, 2089 Kbyte)
宗谷岬
記念碑を見つめるような形で、間宮林蔵のブロンズ像(高さ 2 メートル)が建っている。

間宮林蔵は 1809 年(文化 6 年)2 月 10 日、船でアジア大陸へ渡り、樺太が半島ではなく島であることを確認した。この時渡った海峡は、のちに間宮海峡と呼ばれるようになる。世界地図にある唯一の日本人名である。
宗谷岬の大きな写真大きな写真
(1920×1380 ピクセル, 855 Kbyte)
宗谷岬
このブロンズ像は間宮林蔵の生誕200 年(元年)にあたる 1980 年(昭和 55 年)7 月、彼の偉業を顕彰し、時代を担う青少年に、世界へ羽ばたく夢と勇気を培ってもらおうとの願いから建立された。
間宮林蔵が樺太へ渡る決意を秘め、はるか樺太を望見している立像で、栽付袴に羽織、足袋、二本差しと、肩には海上計測用の縄索をかけている。
制作者は、自由美術家協会会員の峰孝 (みねたかし) 
宗谷岬
ここで記念写真を撮る観光客が多い。バイクで訪れているツーリング客も目立った。
宗谷岬
天気が良い時は、正面43km 先にサハリンの島影が浮かび上がるという。

交通アクセス

【バス】
  • 稚内駅からバスで 50 分。片道1300 円(大人)。
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:宗谷岬
宗谷岬 関連

近隣の情報

稚内駅付近でネットができる宿

(この項おわり)
header