金刀比羅宮の奥社までには1368段の階段

2013年12月15日 撮影
金刀比羅宮 本殿
金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町字川西892)は、古くから「さぬきのこんぴらさん」として親しまれている海の神様だ。

金刀比羅宮 本殿の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 867 Kbyte)
金刀比羅宮 土産物屋
大門に至るまでの参道には多数の土産物屋が軒を連ねている。
金刀比羅宮 大門
参道の石段を 365 段上ると、大門が見えてくる。ここからは神の領域だ。
水戸光圀の兄である松平頼重候から寄進されたもので、有栖川宮熾仁親王の筆になる「琴平山」の額が掲げられている。
金刀比羅宮 大門の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 681 Kbyte)
この近くに金刀比羅本教の総本部がある。金刀比羅本教は神社本庁に属さない独立した包括宗教法人である。
金刀比羅宮 桜馬場西詰銅鳥居
ひときわ大きな桜馬場西詰銅鳥居は、1912 年(明治 45 年)に力士の 12 代目朝日山四郎右衛門が現在の場所に移設して修復したもの。
金刀比羅宮 祓戸社前銅馬
祓戸社前銅馬は、萬野汽船株式会社の創業者である萬野裕昭が献納したものである。
金刀比羅宮 本殿
本殿ではすす払いが行われていた。
ここまで 785 段の石段があり、海抜は 251 メートル。

御祭神は大物主神と崇徳天皇。
参拝は二拝二拍手一拝である。
金刀比羅宮 絵馬殿
海上交通の守り神として信仰されており、漁師、船員など海事関係者からの奉納が絶えない。
また、大日本帝国海軍の慰霊祭や、朝鮮戦争当時の海上自衛隊の掃海殉職者慰霊祭が毎年行われている。
金刀比羅宮 石段
金刀比羅宮の参道は石段が長く続く。奥社まで登ると 1368 段にもなる。
土合駅が 486 段、愛宕神社はわずか 86 段なので、桁違いに段数が多い。

例大祭に合わせて毎年、こんぴら石段マラソンが開かれているが、世の中、循環器機能に自信のある人たちが多いようである。
金刀比羅宮 常磐神社
832 段目に常磐神社 (ときわじんじゃ) がある。

御祭神は、天孫降臨で武勇の神様として知られている武雷尊 (たけいかづちのみこと) と、八幡様として各地に広く祀られている誉田和氣尊 (ほんだわけのみこと) だ。
金刀比羅宮 常磐神社の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 913 Kbyte)
金刀比羅宮 白峰神社
932 段目に白峰神社 (しろみねじんじゃ) がある。現在の本殿は、1913 年(大正 2 年)に竣工したものである。
御祭神は崇徳天皇だ。

このあたりには紅葉の大樹が多く、紅葉谷 (もみじだに) と呼ばれている。
金刀比羅宮 白峰神社の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1082 Kbyte)
金刀比羅宮 菅原神社
974 段に菅原神社 (すがわらじんじゃ) がある。
御祭神は、天神様として広く崇められている菅原道真 (すがわらみちざね) だ。
金刀比羅宮 菅原神社の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1126 Kbyte)
金刀比羅宮 厳魂神社
1368 段を登り切ると、奥社・厳魂神社 (いづたまじんじゃ) がある。
戦国時代末期に金比羅信仰を中興した金剛坊宥盛 (こんごうぼうゆうせい) 厳魂彦命 (いづたまひこのみこと) として祀られている。

元は絵馬殿の付近にあったが、1905 年(明治 38 年)に現在の場所に遷座された。
金刀比羅宮 厳魂神社の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1111 Kbyte)
金刀比羅宮 厳魂神社からの眺望
厳魂神社は海抜 421 メートル。琴平の町から讃岐富士、天気の良い日には瀬戸内海まで一望できる。
金刀比羅宮 旭社
本堂で参拝を済ませたあと、旭社をお参りすることになっている。
御祭神は、天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神・伊邪那岐神・伊邪那美神・天照大御神・天津神・国津神・八百万神です。
金刀比羅宮 旭社の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 632 Kbyte)
天保 8 年(1837)に竣工した社殿は重要文化財に指定されており、高さ約 18 メートル、銅板葺の総﨔造二重入母屋造で、全て槻材が用いられている。
金刀比羅宮 関連

交通アクセス

【鉄道】
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:JR琴平駅

近隣の情報

この付近でネットができる宿

  • こんぴら温泉 琴平グランドホテル 桜の抄 (香川県仲多度郡琴平町977-1  【施設概要】金刀比羅宮に続く参道22段目に佇む温泉宿 □金刀比羅宮を望むこんぴら温泉を愉しむ露天風呂 □女性限定 夜のみバラが浮かぶ露天風呂”華風呂” □歌舞伎の舞台をイメージしたオープンキッチンのある展望レストランゐきり □和室・和モダン調和洋室・露天風呂付き客室など多彩なお部屋  □夜食にうどん・ラーメンなど愉しむ夜食処”花のれん”など)
  • 貸切湯の宿 ことね (香川県仲多度郡琴平町685-21)
  • こんぴら温泉 つるや旅館<香川県> (香川県仲多度郡琴平町620)
  • 湯元こんぴら温泉華の湯 紅梅亭 (香川県仲多度郡琴平町556-1  【施設概要】金刀比羅宮の麓に佇む温泉旅館 □自家源泉とこんぴら温泉、異なる2種類の温泉を15のお風呂で愉しめる □和風建築の食事にこだわるレストラン「割烹ダイニング丸忠」 □和室、和洋室、露天風呂付客室、コーナースイートルームなど多彩なお部屋 □VIP専用のラウンジ「暫」 □朝食:約60種類の多彩なメニューのブッフェ)
  • こんぴら温泉 琴平リバーサイドホテル (香川県仲多度郡琴平町246-1   【ホテル概要】琴平駅から徒歩2分、金刀比羅宮表参道まで徒歩2分と観光・ビジネス利用に便利な温泉設備のあるビジネスホテル ○こんぴら温泉を愉しめる大浴場 ○洋室(ツイン・シングル) ○レストラン「象山」にて朝食・夕食提供 ○全室Wi-Fi無料 ○ロビー(Wi-Fi無料) ※マッサージ機コーナー、無料パソコンコーナー有)
  • こんぴら温泉 琴平花壇 (香川県仲多度郡琴平町1241番地5 【ホテル概要】■神宿る神秘の杜の麓に建つ、寛永四年創業の老舗旅館 ■移ろう四季を愛でる日本庭園とその中に佇む三棟の数寄屋造り離れ ■讃岐富士と琴平の街並みを望む展望浴場でこんぴら温泉を愉しめる ■讃岐牛・讃岐夢豚・讃岐コーチンや瀬戸内の海の幸を堪能 ■JAZZが流れるガーデンラウンジ(ライブラリー、暖炉、足湯付テラス)※夜はバータイム ■離れスパのタイ古式マッサージ)
  • サンウェルコトヒラ (香川県仲多度郡琴平町162-1)
  • 寝て朝食の宿 時しらず (香川県仲多度郡琴平町榎井577-1)
  • 琴平パークホテル (香川県仲多度郡琴平町榎井706-7)
(この項おわり)
header