国立成育医療研究センターの桜が満開

2014年4月1日 撮影
国立成育医療研究センターの桜
国立成育医療研究センター(東京都世田谷区大蔵2-10-1)の構内にはさまざまな桜の木がある。
国立成育医療研究センターの桜の大きな写真大きな写真
(1200×1600 ピクセル, 988 Kbyte)
国立成育医療研究センターの桜
国立成育医療研究センターは、産科・小児科・小児外科・女性医療などの成育医療を推進する国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)として、国立大蔵病院と国立小児病院を統合し、2002 年(平成 14 年)3 月 1 日に設立された。2010 年(平成 22 年)4 月 1 日に独立行政法人へ移行した。

国立成育医療研究センターの歴史は、1889 年(明治 22 年)3 月に創設された東京第二衛戍 (えいじゅ) 病院に遡ることができる。1938 年(昭和 13 年)2 月に東京第二陸軍病院に改称し、1945 年(昭和 20 年)1 月に厚生省に移管され国立世田谷病院となった。
国立成育医療研究センターの桜の大きな写真大きな写真
(1200×1600 ピクセル, 683 Kbyte)
国立成育医療研究センターの桜
1965 年(昭和 40 年)11 月には国立小児病院となり、国内初の小児専門病院として診察を開始した。
国立成育医療研究センターの桜の大きな写真大きな写真
(1600×1144 ピクセル, 455 Kbyte)
国立成育医療研究センター 関連

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:国立成育医療研究センター

近隣の情報

(この項おわり)
header