湯布院?由布院? 湯布院温泉は存在しない?

2016年3月16日 撮影
由布岳 - 湯布院
JR 久大本線の駅名と温泉は由布院 (ゆふいん) 、町名とインターチェンジは湯布院 (ゆふいん) である。よって、湯布院温泉は存在しない。

由布院駅を降りると、由布見通りの先に由布岳がそびえる。豊後富士とも呼ばれる。
標高1584 メートルの活火山で、麓には由布院温泉をはじめとする温泉郡が点在する。
古来より信仰の対象とされ、『古事記』『豊後国風土記』にもその名が見える。
由布岳 - 湯布院の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1607 Kbyte)
特急ゆふいんの森 - 湯布院
JR 九州の特急「ゆふいんの森」は平仮名表記だ。
特急ゆふいんの森 - 湯布院の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2293 Kbyte)
北由布村・南由布村が合併し、1936 年(昭和 11 年)に速見郡由布院村が誕生する。1948 年(昭和 23 年)には由布院町となった。さらに 1955 年(昭和 30 年)2 月、由布院町と湯平村が合併し、両者の文字を採り入れて湯布院町が発足した。
1959 年(昭和 34 年)5 月に、湯平温泉と由布院温泉、塚原温泉が国民保養温泉地に指定された際、指定名称が湯布院町内の温泉を対象とする意味から「湯布院温泉」の名となった。
2005 年(平成 17 年)10 月、挾間町・庄内町と合併し由布市が誕生。湯布院町は消滅することになった。

由布院温泉の原泉は 852 本あり、湧出量は全国 3 位の量を誇る。泉質は単純温泉である。
昭和 40 年代から、街ぐるみで歓楽色を廃し、女性が訪れたくなるような温泉街づくりを目指している。
由布岳 - 湯布院
由布院駅のホームからも由布岳を望むことができる。
由布院駅の足湯 - 湯布院
由布院駅のホームには足湯が設置されている。
入場券や乗車券のほかに足湯券が必要。
由布院駅 - 湯布院
由布院駅は北由布院駅として 1925 年(大正 14 年)に開業し、1950 年(昭和 25 年)に現在の名称になった。現在の駅舎は、大分県出身の建築家・磯崎新が礼拝堂をイメージして設計した木造建築で、1990 年(平成 2 年)に竣工した。
由布院駅 - 湯布院の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1388 Kbyte)

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:由布院駅
湯布院 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header