雨晴海岸と義経伝説

2017年9月22日 撮影
雨晴海岸と雨晴岩
雨晴海岸 (あまはらしかいがん) (富山県高岡市太田)は、能登半島国定公園内にあり、日本の渚百選、白砂青松百選に選ばれ、2014年(平成26年)に「世界で最も美しい湾クラブ」に日本で松島の次に選ばれた景勝地である。
雨晴海岸と雨晴岩の大きな写真大きな写真
(2560×1609ピクセル, 2452 Kbyte)
写真の岩は雨晴駅の近くにあり、源義経が奥州へ向かう途中、にわか雨が晴れるのを待ったと伝えられていることから、義経岩(雨晴岩)と呼ばれる。雨晴海岸の名前の由来である。
雨晴海岸と女岩
女岩は、周囲約80メートルの小さな島で、この岩を母親に、周囲の岩礁を大勢の子どもに見立てたことから、この名が付いた。800メートル南東には男岩がある。
雨晴海岸と女岩の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 750 Kbyte)

交通アクセス

【鉄道】
  • JR氷見線「雨晴駅」から徒歩10分
【自動車】
  • 能越自動車道「高岡北IC」から車で15分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:雨晴海岸
雨晴海岸 関連

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header