新湊大橋は日本海側最大の斜張橋

2018年8月12日・2021年5月2日 撮影
新湊大橋
2018年8月12日 撮影
大きな写真大きな写真
(2560×1130 ピクセル, 825 Kbyte)
新湊大橋
2018年8月12日 撮影
新湊大橋 (しんみなとおおはし) (富山県射水市本町)は富山新港に架かる日本海側最大の斜張橋である。総延長はアーチ部分も含めて3.6km(海上に架かる主体部分が600メートル)、橋を支える主塔の高さは127メートルある。
新湊大橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1365 Kbyte)
新湊大橋
2021年5月2日 撮影
2002年(平成14年)11月に着工、2012年(平成24年)9月23日に上層の車道が開通、2013年(平成25年)6月16日に下層の自転車歩行者道が開通した。自転車歩行者道「あいの風プロムナード」は保安の都合上、夏期は6時から21時まで、冬期は20時まで通行できるようになっている。
新湊大橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1062 Kbyte)
新湊大橋
2021年5月2日 撮影
大型帆船「海王丸」や、天候が良ければ、能登半島から日本海、立山連峰を見渡せる絶好のロケーションになっている。夜は22時までライトアップされる。
新湊大橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1178 Kbyte)
新湊大橋
2021年5月2日 撮影
2018年(平成30年)8月12日は、富山県営渡船に乗って、海側からこの美しい斜張橋を眺めた。
新湊大橋の大きな写真大きな写真
(2560×1808 ピクセル, 1127 Kbyte)
あいの風プロムナード - 新湊大橋
2021年5月2日 撮影
新湊大橋の下層を通る歩行者通路「あいの風プロムナード」は、全長480メートル、海面からの高さ47メートル。

橋の両側にあるエレベータで上ることができるようになっており、段差もなく、自転車を押して行くことや、ベビーカーや車椅子を押して行くこともできる。
眼前には富山湾が広がり、天気が良ければ、そびえ立つ立山連峰を見ることができる。
あいの風プロムナード - 新湊大橋の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 717 Kbyte)
あいの風プロムナード - 新湊大橋
2021年5月2日 撮影
橋の中央に向かって緩やかな登り坂になっている。安全対策のために金網が張ってあるが、あり、景色を撮影するのは難しい。
あいの風プロムナード - 新湊大橋の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1057 Kbyte)

交通アクセス

【鉄道】
【自動車】
  • 北陸自動車道「小杉I.C」から約25分
  • 能越自動車道「高岡I.C」から約30分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:新湊大橋

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header