宇部興産伊佐セメント工場の巨大ダンプやトレーラー

2018年9月11日 撮影
宇部興産伊佐セメント工場
宇部興産伊佐セメント工場(山口県美祢市伊佐町伊佐4768)は、1948年(昭和23年)、宇部セメント工場に原料用の石灰石を供給する採石所として開業した。1955年(昭和30年)には、わが国初のシャフトキルンを設置し、セメント原料を焼いて固めたセメントクリンカーの生産を始めた。
宇部興産伊佐セメント工場の大きな写真大きな写真
(2560×1707ピクセル, 1389 Kbyte)
宇部興産伊佐セメント工場
露天掘りで、約70年掘り続けた景観がこれ。
現在、年間約380万トンの普通セメントクリンカーを生産し、日本一長い私道道「宇部興産専用道路」(31.94km)を80トン積みのダブルストレーラーで運搬し、宇部セメント工場で仕上げ、船で全国各地や海外へ海外へ輸出している。
宇部興産伊佐セメント工場の大きな写真大きな写真
(2560×1707ピクセル, 1697 Kbyte)
宇部興産伊佐セメント工場
鉱山は差し渡し約1.2kmあり、大型重機がミニカーのように見える。
1988年(昭和63年)、出力57Mワットの自家発電設備を稼動開始し、工場で使用する電力を賄っている。
宇部興産伊佐セメント工場の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 1945 Kbyte)
宇部興産伊佐セメント工場
掘り出された石灰石を運ぶのは、コマツ製の60トン積みの特大ダンプだ。全長9.3メートル、全幅4.6メートル、全高4.4メートルもあり、エンジン定格出力は約500kW。
宇部興産伊佐セメント工場の大きな写真大きな写真
(1280×1920ピクセル, 1578 Kbyte)
宇部興産伊佐セメント工場
最高速度は70km/h。最小回転半径は8.5メートルと、小回りもきく。
宇部興産伊佐セメント工場の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 648 Kbyte)
宇部興産伊佐セメント工場
展望台には、この特大ダンプのタイヤが設置されている。直径2.7メートル、重量1.4トンにも及ぶ。価格は1本100万円。
宇部興産伊佐セメント工場
宇部興産専用道路を走って宇部セメント工場へ原料を送り届けるのは、40トン積みのトレーラーを2つ連結したダブルストレーラーだ。
いすゞ、ケンワースなど、複数のメーカーのものが混在しており、いずれも全長が30メートルにも達し、一般道路を走ることはできない。
宇部興産伊佐セメント工場の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 961 Kbyte)
宇部興産伊佐セメント工場
工場の往復は約75km。毎日数往復する耐久性に加え、最大斜度6度の興産大橋の登り坂からゼロ発進させ、専用道路を70km/hの速度で走らせるために、500馬力以上の大出力エンジンを搭載している。
宇部興産伊佐セメント工場
運転席には、木目のインパネにゴールド縁のアナログメーターが並んでおり、ゴージャス。
宇部興産伊佐セメント工場
2016年(平成28年)11月16日、累計出鉱量が5億トンに達した。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR美祢駅よりタクシーで約5分
【自動車】
  • 中国自動車道「美祢I.C.」から車で10分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:伊佐セメント工場

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header