秩父鉄道荒川橋梁は鉄道撮影ポイント

2021年11月27日 撮影
秩父鉄道荒川橋梁
秩父鉄道荒川橋梁(埼玉県秩父郡皆野町皆野下田野1253)は、親鼻鉄橋 (おやはなてっきょう) とも呼ばれ、荒川本流の最も上流に架かる鉄道橋であり、長瀞渓谷を横断する。秩父鉄道の撮影ポイントとして有名。全長153メートルは秩父鉄道の橋としては最長。
秩父鉄道荒川橋梁の大きな写真大きな写真
(2560×1632 ピクセル, 1244 Kbyte)
橋脚は楕円形断面を有した4段のレンガ積みによって造られ、約20メートルの高さがある。1914年(大正3年)に完成した。その後、4段目をコンクリートで補強している。土木学会による「近代土木遺産2800選Aランク(国指定文化財クラス)」に選出された。

交通アクセス

【鉄道】
  • 秩父鉄道「上長瀞駅」から徒歩4分
  • 秩父鉄道「親鼻駅」から徒歩9分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:秩父鉄道荒川橋梁
秩父鉄道 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header