東京サマーランドとアクアファン

2004年8月15日 撮影
アドベンチャードーム - 東京サマーランド
ウォータースライダー - 東京サマーランド
東京サマーランド(東京都あきる野市上代継白岩600番地)は、1967年(昭和42年)開業の老舗アミューズメント施設だ。
パパぱふぅが子供の頃は波が出るプールとして一世を風靡し、学生時代には遊園地と乗り物に力を入れた。
1990年(平成2年)、セサミストリートのキャラクタと遊べる東京セサミプレイス(2006年12月閉園)を併設。2004年(平成16年)にはムツゴロウ動物王国(2007年11月閉園)がやってくる。東のディズニーリゾートに比べ、ご庶民向けのリーズナブルな料金体系である。
東京サマーランド
東京では連続夏日記録更新が40日にストップし、朝から冷たい雨の1日に。去年同様の大混雑を予想していたぱふぅ家では、前売り券を購入して、朝8時半には東京サマーランドに到着した。そして昼前にはこの混雑。さすがに室外プールは閑散としていたが、サマーランド恐るべし、である。
屋内のロックビーチ、屋外のアクアファンは、子供が楽しめるよう、水鉄砲や滝など様々な水のギミックが仕組まれている。
圧巻は、定期的に頭上の樽からなだれ落ちてくる1.2トンの水(ロックビーチは0.6トン)。
子供たちは大はしゃぎだ。
サマーランドの親会社は、大井競馬場の家主である東京都競馬株式会社だ。
サマーランドの経営は厳しく、2001年(平成13年)から2015年までの15年間で11回の赤字を計上、累計で約13億円の赤字を垂れ流している。
年間入場者数は約100万人で、開園以来変わらない。だが、7~9月の3カ月間で約7割が集中する。残り9ヶ月の売上は散々で、通年で赤字という収益構造が続いている。

交通アクセス

【自動車】
  • 中央自動車道八王子インター第2出口より国道16号・国道411号利用 約20分
  • 圏央道あきる野インター出口左折国道411号を右折5分
  • サマーランド駐車場利用(有料)
【電車・バス】
  • JR立川駅からJR五日市線に乗り換え、秋川駅北口、路線バス2番乗り場、またはタクシー5分
  • 京王線八王子駅中央口、路線バス3番乗り場
  • JR中央線 八王子駅北口、路線バス6番乗り場より30分

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header