掬星台から眺める神戸の夜景は日本三大夜景のひとつ

2011年12月12日 撮影
掬星台からの夜景
掬星台 (きくせいだい) (兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2)から眺める神戸の夜景は日本三大夜景のひとつに数えられ、1000 万ドルの夜景とも呼ばれる。
掬星台からの夜景の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 452 Kbyte)
掬星台
掬星台から西へ徒歩 5 分の所に摩耶山 (まやさん) の山頂がある。
標高702 メートルの摩耶山は、空海が天上寺に釈迦の生母・摩耶夫人 (まやぶにん) 像を安置したことから名付けられたと伝えられている。
掬星台
掬星台への交通は、三宮駅や新神戸駅から市バスに乗り、摩耶ロープウェーの終点「星の駅」下車すぐである。

冬期平日はロープウェーの終発が 17 時 30 分であるため、完全に暗くなってからの夜景が撮れなかったのが残念である。
冬期でも土・日・祝日であれば 19 時 50 分まで、夏期であれば全日 20 時 50 分までロープウェー線がある。
掬星台
2019 年(平成 31 年)5 月、日本にある素敵な「モノ」や「コト」を外国人目線で発掘する「クールジャパンアワード 2019」のナショナルパーク部門で受賞した。

交通アクセス

【鉄道】
【バス】
  • 六甲ケーブル「山上駅」から六甲山上循環バス摩耶山上バス停下車すぐ。
  • 阪急六甲から阪急バス摩耶山上バス停下車すぐ。
【自動車】
  • 掬星台へ車の乗り入れはできない。摩耶天上寺前神戸市営駐車場から徒歩約 10 分。
神戸の夜景 関連

近隣の情報

(この項おわり)
header