清水寺は奈良時代に開山

2013年8月26日 撮影
本堂 - 清水寺
清水寺(京都府京都市東山区清水 1 丁目294)は、音羽山の中腹に 30近い堂塔伽藍が並ぶ。
清水の舞台で知られる本堂は、1633 年(寛永 10 年)に徳川家光によって再建されたもので、国宝に指定されている。
本堂 - 清水寺の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 580 Kbyte)
本堂 - 清水寺
1994 年(平成 6 年)12 月、世界文化遺産に登録された。

奈良時代末期の 778 年(宝亀 9 年)、延鎮 (えんちん) が開山し、798 年(延暦 17 年)に坂上田村麻呂 (さかのうえたむらまろ) が仏殿を建立したと伝えられている。
本堂 - 清水寺の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 729 Kbyte)
京都の夕暮れ - 清水寺
現在の建物の多くは、1631 年(寛永 8 年)から 1633 年にかけ、徳川家光の寄進によって再建されたものだ。
音羽山は標高242 メートルあり、その中腹にある本堂から望む京都の夕暮れは絶景である。
京都の夕暮れ - 清水寺の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 421 Kbyte)
仁王門 - 清水寺
仁王門は室町時代に建造され、鮮やかな丹塗りのため「赤門」とも呼ばれている。
応仁の乱で消失したが、15 世紀に再建され、国の重要文化財に指定されている。
轟門 - 清水寺
轟門 (とどろきもん) は、1631~1633 年に再建されたもので、ここを通って本堂へ向かう。国の重要文化財に指定されている。

轟門の入口には、水が流れていないのに轟橋という橋が架かっている。ご本尊が祀られている最も神聖な本堂と世俗を区切るための橋である。
清水寺
西門と三重の塔 - 清水寺
手前の西門 (さいもん) は、丹塗りの柱には極彩色の文様が描かれ、金箔飾り、彫刻が華やかな桃山時代の様式美を伝える。現在の建物は 1631 年(寛永 8 年)に再建されたものである。
西門と三重の塔 - 清水寺の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 872 Kbyte)
清水寺
西門と同様に絢爛豪華な建築美を見せているのが三重塔は、平安時代初期の 847 年(承和 14 年)に創建され、1632 年(寛永 9 年)に再建された。三重塔としては日本最大級の高さ約 31 メートルを誇る。
いずれも国の重要文化財に指定されている。
2015 年(平成 27 年)2 月、塗り替え工事がほぼ終わり、丹塗り (にぬり) の鮮やかな朱色がよみがえった。
参道 - 清水寺
清水寺の参道には、清水寺門前会の店が並ぶ。
2013 年(平成 25 年)11 月、京都市は大規模地震などの災害発生時に多くの観光客が帰宅困難になることを想定し、清水寺などを一時的な避難場所や滞在場所として提供してもらう協定を、各施設などと結んだ。
清水寺 関連

交通アクセス

【JR 京都駅から】
  • 京都市交通局(市バス)206 系統・東山通北大路バスターミナルゆき、100 系統清水寺祇園 銀閣寺ゆきで五条坂下車、徒歩 10 分
  • 京都バス(土・休日のみ運行)18 系統・大原ゆきで東山五条下車、徒歩 10 分
【阪急電鉄「河原町駅」(四条河原町)・京阪電鉄「祇園四条駅」から】
  • 京都市交通局(市バス)207 系統・東福寺・九条車庫ゆきで清水道下車、徒歩 10 分
  • 京阪バス 83 ・ 85 ・ 87 ・ 88 ・ 88 系統などで、清水道または五条坂下車、徒歩 10 分
【京阪電鉄「清水五条駅」から】
  • 徒歩約 25 分
【京阪電鉄「七条駅」から】
  • 京都市交通局(市バス)206 系統・東山通北大路バスターミナルゆき、100 系統清水寺祇園 銀閣寺ゆきで五条坂下車、徒歩 10 分

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header