山梨県立リニア見学センターで超電導リニア L0系を見る

2016年3月12日 撮影
山梨県立リニア見学センター
山梨県立リニア見学センター(山梨県都留市小形山 2381)では、山梨リニア実験線において、新型リニア車両 L0 系を使った走行試験を見学することができる。
山梨県立リニア見学センターの大きな写真大きな写真
(2560×1368 ピクセル, 1239 Kbyte)
山梨県立リニア見学センター
笛吹市と上野原市を結ぶ総延長42.8km の山梨リニア実験線は、2027 年(平成 39 年)に東京~名古屋間の開業を予定しているリニア中央新幹線の一部となる
山梨県立リニア見学センターの大きな写真大きな写真
(2560×1302 ピクセル, 1718 Kbyte)
山梨県立リニア見学センター
山梨県立リニア見学センター「わくわくやまなし館」は、山梨リニア実験線の走行試験の開始に合わせ、1997 年(平成 9 年)4 月に開館した山梨県立の博物館型見学施設である。

現在、走行実験している L0 系は 2012 年(平成 24 年)12 月に完成した超電導リニアの車両である。最初は 5 両編成で、2014 年(平成 26 年)4 月 17 日、7 両編成で 590km/h の最高速度を達成した。2014 年(平成 26 年)6 月から 12 両編成での試験走行を行い、その後再び 7 両編成に戻して試験走行を継続している。
山梨県立リニア見学センター
3階の展望室から、走行試験をしている超電導リニアを見学することができる。
また、リニアモーターカーの模型と、「走行表示モニター」に現在走行しているリニアの速度と位置を表示している。
山梨県立リニア見学センターの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2067 Kbyte)
山梨県立リニア見学センター
L0 系の先頭車両の長さは 28m で、そのうち 15m がノーズ部分となっている。先頭車両の定員は 24 名。中間車両の長さは 24.3m で、定員 68 名。

列車の連結部分の台車に取り付けた超電導磁石は、ニオブチタン合金を使用し、氷点下 269 度の液体ヘリウムに漬けて安定した超電導状態を維持している。
超電導リニアは、この超電導磁石を搭載し、ガイドウェイに取り付けられた地上コイルとの磁気相互力により 10cm ほど浮上して走行する。
山梨県立リニア見学センター
どきどきリニア館」は 2014 年(平成 26 年)4 月に開館した。

1階では、2003 年(平成 15 年)に最高速度 581km/h を記録した試験車両(MLX01-2)の実物や、50 年にわたるリニア開発の歴史を歴代リニア車両の模型とともに年表で展示している。
2階では、2 人乗りのミニリニアで浮上走行を体験したり、超電導リニアの技術や超電導の特性を体験装置や超電導コースターでわかりやすく紹介している。
山梨県立リニア見学センター
超伝導物質を貼り付けた電車模型が、マイスナー効果によって宙に浮いている。
山梨県立リニア見学センター
3階には、リニア中央新幹線開通後の山梨を舞台にした大型ジオラマがあり、毎時 3 回の上映を行っている。
山梨県立リニア見学センター
また、時速500 ㎞の走行を映像と振動で体感できるリニアシアターは毎時 5 回の上映を行っている。
500km/h で走行する L0 系は、あっという間に展望室の前を通過していく。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR 中央線「大月駅」下車、駅前バス停よりリニア見学センター行路線バスにて 15 分
  • 富士急行線「禾生駅」下車、徒歩約 30 分
【自動車】
  • 中央自動車道「都留I.C.」から約 6km
  • 中央自動車道「大槻 I.C.」から約 6.5km
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:山梨県立リニア見学センター
リニアモーターカー 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header