新桂川橋梁は中央本線最長の橋梁

2012年11月18日 撮影
新桂川橋梁
新桂川橋梁 (しんかつらがわきょうりょう) (山梨県大月市猿橋町藤崎)は、JR 中央本線の鳥沢駅~猿橋駅間にある、桂川(相模川)に架かる鉄橋である。中央本線の中で最長の橋梁であるとともに、屈指の撮影地でもある。

写真は E233 系。全体を撮影するなら標準レンズで十分だが、アップを撮影するには望遠レンズが必要だ。
新桂川橋梁の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 707 Kbyte)
新桂川橋梁
新桂川橋梁は、1968 年(昭和 43 年)9 月 20 日、梁川駅~猿橋駅間複線化と同時に供用開始された。橋梁の鳥沢駅側、下り線の脇には架橋記念碑がある。

写真はダブルデッカーライナー 215 系だ。
新桂川橋梁
写真はE257 系だ。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:新桂川橋梁

近隣の情報

(この項おわり)
header