ダイヤモンド・ヘッド登山

2018年6月23日 撮影
ダイヤモンド・ヘッド
ワイキキ沖から
ダイヤモンド・ヘッド(Diamond Head)は、ハワイ・オアフ島にある死火山で、ハワイ語で「レアヒ」(マグロの額)という。標高232 メートル。
ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(2560×1230 ピクセル, 906 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
カピオラニ公園から
ダイヤモンド・ヘッドは、約 30 万年前に起きた一度の海中噴火で形成されたと考えられている。
ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(2560×1315 ピクセル, 1422 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
カピオラニ公園から
海中でマグマが微粒子となり吹き上げられ、空気中で結合して凝灰岩となり、ダイヤモンド・ヘッドの火口丘を形成した。火口の直径は 1 キロメートルにも及ぶ。1968 年(昭和 43 年)、国の自然史跡に指定された。

頂上には展望台があり、そこへ向けて出かけることにする。
ダイヤモンド・ヘッド
JTB の `OLI`OLI ウォーカー・トロリーバスに乗り、ワイキキから約 25 分で、ダイヤモンド・ヘッドのクレーター内にあるバス停へ向かう。
ダイヤモンド・ヘッド
バス停から徒歩でダイアモンド・ヘッド・パークへ。ゲートで入山料 1 ドルを払う。係員のおじさんが、日本語のパンフレットを渡してくれた。自動車は 5 ドル(駐車場あり)。下山の時間を考え、15 時 30 分までに入ろう。
ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2474 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
頂上にある観察所まで 1.7 キロメートル。高低差は 171 メートル。約 45 分の行程。途中にトイレはないので、ここで用を済ませておこう。
ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1791 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
岩山で階段も多い。登山靴を用意するほどではないが、履き慣れたスニーカーで行こう。サンダルは不可。十分な飲み水と、日陰がないので帽子と日焼け止めも必須。午前中の方が日射しが弱い。

最初は、なだらかな上り坂が続く。
ダイヤモンド・ヘッド
だんだん険しくなってくる。
ダイヤモンド・ヘッド
間もなく、74 段のコンクリート階段があり、見上げるとトンネルの入口が見える。このトンネルが結構長く、立ち止まる場所がないので、階段の手前の展望台で息を整えておこう。

とても狭いトンネルで、向こうから巨大なアメリカ人がやって来たら、"Excuse me." と言って擦れ違えば、身体が多少触れてもOK。
ダイヤモンド・ヘッド
トンネルを抜けると、観察所が見えてくる。ただし、その手前に 99 段の階段が控えている。心臓破りである。

じつはトンネルよりかなり手前で、汗だくだく、息を切らしながら登っていたところ、下山してくる年長のアメリカ人が、この先にベンチがあるからそこで休むといいと教えてくれた。当山客は万国共通で紳士です😀
ダイヤモンド・ヘッド
40 分ほどで観察所に到着。ワイキキ・ビーチを一望にできる。
観察所は狭く、登山客でごった返しており、早々に下山モードへ。
ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(2560×1564 ピクセル, 1227 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
大きな写真大きな写真
(3840×1578 ピクセル, 2708 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
少し下ったところに展望台があり、観察所より眺めがいい。ワイキキ・ビーチとは反対側、マウナルア湾のエメラルドグリーンの海が広がる。
ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1863 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
正面にはクイ・チャンネルが見える。
ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(2560×1467 ピクセル, 1083 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド灯台
眼下にダイヤモンド・ヘッド灯台が見える。1878 年(明治 11 年)に最初の灯台が建てられ、現在のものは 1917 年(大正 6 年)に建てられた高さ 45 メートルの鉄筋コンクリート製。光源は 100 ワット。
ダイヤモンド・ヘッド灯台の大きな写真大きな写真
(2560×1786 ピクセル, 1718 Kbyte)
1899 年(明治 32 年)にフランスから購入した貴重なフレネレンズを用いており、1980 年(昭和 55 年)、国の歴史的建造物に指定された。
掩蔽壕 - ダイヤモンド・ヘッド
観察所と展望台の間にある掩蔽壕 (えんぺいごう) 。1915 年(大正 4 年)に建設され、人や物資を敵の攻撃から守る設備である。火口沿いに何カ所か設置されており、"KEEPOFF" と書かれたものは、現在でも緊急時のヘリポートとして利用されるという。
掩蔽壕 - ダイヤモンド・ヘッド
掩蔽壕の内部。
ココヘッドからワイアナエまでを一望できるダイヤモンド・ヘッドは沿岸貿易に理想的な場所で、1904 年(明治 37 年)、連邦政府に買い上げられ、軍用地に指定された。1910 年(明治 43 年)から長距離砲台が 5門設置され、太平洋に睨みをきかせた。
ダイヤモンド・ヘッド
歳をとると、下山の方が怖い。なにしろ階段が多いので、転んだりしたら大事である。救急電話は 911

公園に戻ってきたら、売店へ直行。
ダイヤモンド・ヘッド
かき氷をゲット。ピンク色をしているが、イチゴ味ではなくメロン味。
ダイヤモンド・ヘッド
園内には木陰とベンチがあり、ひと休み。
ハイビスカス - ダイヤモンド・ヘッド
ハイビスカス(Hibiscus)は、ハワイ語でAloalo (アロアロ) と呼び、神様へ捧げる花とされている。ハワイの州花でもある。
ハイビスカスをプリントしたアロハシャツは、土産物として多く出回っているが、T シャツの種類が少ないのが残念である。

ベンチでかき氷にパクついていると、日本では見かけない、派手めの小鳥が寄ってきた。ヒトを怖がらない。

下の写真は、公園から火口壁を写したところ。右側の最も高い部分に観察所がある。
ハイビスカス - ダイヤモンド・ヘッドの大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 925 Kbyte)
ダイヤモンド・ヘッド
大きな写真大きな写真
(3840×1134 ピクセル, 1508 Kbyte)

周辺地図

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header