英雄デューク・カハナモクと魔法のカフナ・ストーン

2018年6月23日・24日 撮影
デューク・カハナモク像
デューク・カハナモク像
デューク・カハナモク像(2424 Kalakaua Ave., Honolulu)は、サーフィンの父として有名なハワイの英雄デューク・カハナモクの生誕100 年を記念して建てられた。ワイキキのシンボルとして、記念撮影のスポットとなっている。

デューク・カハナモクは、1890 年(明治 23 年)8 月 24 日にオアフ島に生まれたハワイ人で、高校を中退すると、ワイキキ・ビーチで雑用をして日銭を稼ぐウォーター・ボーイとなった。
デューク・カハナモク像の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2473 Kbyte)
デューク・カハナモク像
デューク・カハナモク像
1911 年(明治 44 年)、アマチュア水泳大会の 100 ヤード自由形で、世界記録を 4.6秒も縮める驚異的な泳ぎを見せた、1912 年(明治 45 年)から 1924 年まで 3 回のオリンピックに出場し、3 個の金メダルと 2 個の銀メダルを獲得した。

引退後は水泳とサーフィンの振興に力を注いだ。とくにサーフィンをアメリカ社会に流行させ、「デューク・カハナモク・インヴィテーショナル」大会のアイコンとしてサーフィンがプロ・スポーツとなるきっかけを与えたことで、サーフィンの父とされる。
デューク・カハナモク像の大きな写真大きな写真
(1274×1920 ピクセル, 892 Kbyte)
カフナ・ストーン
カフナ・ストーン
デューク・カハナモク像とワイキキ警察の間に、カフナ・ストーンと呼ばれるナゾの巨石が転がっている。このフェンスの中へ入ってはいけない。
カフナ・ストーンの大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1894 Kbyte)
ハワイの伝説によると、16 世紀頃、タヒチからカパエマフ 、カハロア 、カプニ、キノヒら 4 人の kahuna (カフナ) (神官、医者、呪術者)がオアフ島を訪れ、癒しの技術を教えた。彼らは、1 ヵ月以上をかけて、これらの岩に癒やしの霊力であるマナを与えたとされている。
早朝のワイキキ・ビーチ
早朝のワイキキ・ビーチ
大きな写真大きな写真
(3840×973 ピクセル, 916 Kbyte)

周辺地図

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header