ハワイ出雲大社にも御朱印帳

2018年6月24日 撮影
ハワイ出雲大社
ハワイ出雲大社(215 North Kukui Street Honolulu HI)がホノルルのダウンタウン、チャイナタウンの近くにある。出雲大社の分社で、創建は 1906 年(明治 39 年)に遡る。
ハワイ出雲大社の大きな写真大きな写真
(2560×1755 ピクセル, 1921 Kbyte)
ハワイ出雲大社
1885 年(明治 18 年)から始まった日本からの移民のために建てられたそうだ。本社と同じく大國主大神 (おおくにぬしのみこと) に加え、ハワイの土着神を祀る。
ハワイ出雲大社の大きな写真大きな写真
(2560×1925 ピクセル, 1634 Kbyte)
ハワイ出雲大社
1941 年(昭和 16 年)12 月の真珠湾攻撃を受け、分院長とその家族、役員が FBI に身柄を拘束され、教団は解散、社殿などの財産はホノルル市郡政府に寄贈される形となった。
ハワイ出雲大社
太平洋戦争終結後、教団は活動を再開し、1 万人を超える署名を集め、ホノルル市郡政府との長期にわたる裁判の末、1961 年(昭和 36 年)に返還が認められた。
1968 年(昭和 43 年)、再開発に伴い、現在地に移転修復された。
ハワイ出雲大社
出雲大社名物の注連縄 (しめなわ) 
ハワイ出雲大社
1990 年(平成 2 年)、鳥居の左脇にホノルル・広島両市の姉妹都市を記念した「広島平和の鐘」がホノルル市郡政府により設置された。
8 月 6 日の広島原爆忌の際は、仏教、キリスト教、ユダヤ教などの宗教者とともに、世界平和への祈りが捧げられている。

また、毎年の初詣客は、日系人だけでなく、さまざまな人種が 3 が日で 1 万人参拝するという。
ハワイ出雲大社
社務所には、お守りや御朱印帳がある。お供え料は現金(ドル)で。
ハワイ出雲大社


ノース・ククイ・ストリートからヌウアヌ川を望む


ノース・ククイ・ストリートからヌウアヌ川を望むの大きな写真大きな写真
(2123×2560 ピクセル, 2006 Kbyte)
ハワイ出雲大社
ヌウアヌ川に架かるノース・ククイ・ストリートの橋から運河を見たところ。この右側(北西)にハワイ出雲大社が、左側(南東)にチャイナタウンがある。
ハワイ出雲大社の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1788 Kbyte)
ハワイ出雲大社
ノース・ククイ・ストリートに架かる橋の北東側。右側にあるのは台湾の道教寺院、Lum Sai Ho Tong (リムシーホータム) (林西河堂)である。
ハワイ出雲大社の大きな写真大きな写真
(2560×1682 ピクセル, 1456 Kbyte)
ハワイ出雲大社
今回は、JTB の `OLI`OLI ウォーカー・トロリーバスに乗り、ワイキキからアラモアナセンターを経由して、ダウンタウンへ向かった。ハワイ出雲大社前

周辺地図

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header